政務活動費不正受給事件から見えてきたもの

  • 2017.05.13 Saturday
  • 18:17

    中村省司神奈川県議の政務活動費不正受給事件は、この5月10日(水曜日)午後1時30分〜東京高等裁判所424法廷で、控訴審の証人尋問が行われた。以下に詳しく報告したい。

 

    裁判は、518万8050円にのぼる『県政レポート』の印刷代金に関して実際に印刷したのか、あるいは架空のものだったのかを争ったもの。仮に印刷していないとすれば、神奈川県知事が中村省司県議の当時所属していた自民党会派に返還を求めるべきだ、というのが裁判の趣旨である。

 

    提訴したのは、平成27年の6月1日。一審の横浜地裁は、平成28年8月3日に「被告(神奈川県知事)が、自由民主党神奈川県議会議員団に対し、518万8050円の支払の請求を怠ることが違法であることを確認する」との判決をくだした。つまり、印刷は実態がなく、その代金は「不当利得(法律上の原因のない利得)」とみなせるので、自民党会派全体の収支が赤字でも返す必要がある、との判決だった。

 

    これに被告の神奈川県知事が納得できず控訴、東京高等裁判所に舞台を移して審理されることになったものである。控訴審から中村省司県議も参加人として審理に加わることとなった。

 

    本来なら一回で結審する可能性が高かったのだが、河野清孝裁判長が「印刷をしたのかどうか中味を審理しないで判決は出せない」と述べ、一審でも認められなかった証人を呼んでの審理を実施する運びとなったのだ。

 

    呼ばれた証人は3人。尋問時間は、被控訴人(原告)の岩田薫が、20分15分10分ずつの計45分。参加人と控訴人の代理人並びに裁判官があわせて45分で、1時間30分にわたって行われることになった。民事事件では異例の長さである。当日ははるばる鎌倉から支援する仲間が何人も法廷にかけつけ、大変勇気づけられた。

 

(1)かつて中村省司の秘書をしていた中澤克之鎌倉市議(尋問時)(同じく尋問時は市議会議長、この5月14日で任期は終える) とのやり取り。

−−ここに平成24年4月2日付けの石井印刷の領収書がある。『県政レポート』を3万5000枚刷ったとして66万1500円が中村省司事務所から支払われたことになっている。あなたがパソコンで『県政レポート』の紙面を1部だけ作って中村事務所に送付したと聞いている。パソコンから送った日付けを教えてください。

・中澤証人「フロッピーの記録には平成24年4月26日とあります」


−−そうすると、印刷して代金を支払って24日もあとに紙面を作成したことになりますね。平成24年7月31日付けで3万5000枚を刷ったとする額面66万1500円の領収書がありますが、これはどうでしょうか。

・中澤証人「紙面は24年の9月30日に作成したとなっている」


−−やはり領収書の日付けより2か月もあとですね。平成24年10月20日の領収書には3万枚を印刷したとして額面56万7000円が書き込まれていますが、これはどうでしょうか。

・中澤証人「24年11月27日に紙面を作成したとなっています」


−−24年12月28日には2万枚を印刷したとして額面37万8000円の領収書がありますが。

中澤証人「私のパソコンの記録には、25年1月31日に紙面を作成して送ったとなっています。中村省司事務所では毎年正月だけは『県政レポート』を実際に印刷して8000部を郵送し他はポスティングして撒いていたので、この正月号と重ならないように日にちを1か月ずらして紙面を作成した記憶があります」


−−25年3月29日には1万5000枚印刷したとして額面28万3500円の領収書がありますが、これはどうでしょうか。

・中澤証人「パソコンの記録には25年4月10日に紙面を作成して送ったとなっています」


−−これも10日以上あとですね。紙面を作成した日が領収書の日付けより、いずれも10日以上から2か月近くもあとなのは、実際には印刷していなかった事実を裏付けるものではないかと考えます。ところで、3万5000枚といえば大変な量の紙になると思いますが、あなたは秘書として中村事務所に当時出入りしていて見たことはありますか。

・中澤証人「部屋には入りきらないので、廊下や階段に積んであったはずですが、一度も目にしたことはありません」

 


(2)石井印刷の石井照彦社長とのやり取り。

−−参加人の代理人の村田恒夫弁護士が提出した書面に、「石井照彦は、当時石井印刷の代表取締役あったが、満70を前に余り役員報酬も会社からいただいておらず、現在は再婚しているが当時交際中であった現奥様との交際費や生活費、または会社社長でもあった関係上、地元での交際もあり、自分で自由になるお金が必要であった。そこで(中略)この件については会社を通さず、自分の内職にすることを考え、会社には報告せず、会社の領収書を切りつつも全額自分のポケットに入れてしまい、全額自分の上記各支出に充ててしまったものである」とある。これに間違いありませんか。

・石井証人「間違いありません」


−−会社に入れずすべて個人のポケットに入れたというのが事実なら、刑法の背任いわゆる会社法の特別背任になりませんか。

・石井証人「(しばし無言)……。そうかも知れません」


−−領収書には1万5000枚〜3万5000枚も印刷したとなっている。紙はどうしたのですか。

石井証人「会社に余っていた紙を使った」


−−余りの紙にしては多い。紙業者から購入したのではないですか。それだけの紙を使って納品書もないというのは、おかしい。本当に一切の書類はないのですか。


石井証人「……書類は破棄した」


−−えっ、証拠を破棄したのですか。

石井証人「すみません。間違いでした。破棄したのではなく、最初からなかったのです」


−−3万5000枚もの『県政レポート』はどうやって納品したのですか。

石井証人「私が一人で運びました。事務所の階段や廊下に置きました」

 

−−あなたは、個人の収入にした件について所得税の修正申告をしたとして、この裁判で代理人を介してその書類を提出しています。これは、刑事告発ならびに住民監査請求、それに続く一連の民事裁判のあとに税務署に出したものですね。

・石井証人「そうです。申告はいつ出してもいいので、出しました」

 

−−それは違います。確定申告には期限がある。遅れて出した場合は延滞税が課せられるし、悪質なものには重加算税が課せられます。すべて一連の法的な問題が提起されてから、出し直していますね。

・石井証人「……」

 

 

(3)森功一元秘書(先の市議会議員選挙で初当選。5月15日から任期)とのやり取り。

−−あなたが中村事務所に秘書として出入りしたのは、いつからですか。

森証人「平成27年からだと記憶しています」


−−ここに額面25万円の給与の領収書があります。一方、額面15万円のポスティング代金の領収書がある。両方をもらっていたのですか。

森証人「交互にもらっていた」


−−26年以前は事務所に出入りしていなかったですか。

森証人「ポスティングを手伝ったりはしていました」


−−それはボランティアとしてですか。

森証人「そうです。秘書として報酬を得たのは27年からです」


−−ここに26年以前の領収書が何枚かあります。ポスティング代金と書いてあり、「森」の印鑑が押してあります。見てください。

森証人「(領収書の紙を前に)鎌倉市という住所部分は私の字だが、宛名の中村省司事務所の文字、額面の数字は私の字ではない。(筆跡が違う)。書いた記憶がない」


−−あなたは、そうすると額面も自分で書かないで金員を受け取っていたのですか。

森証人「ですから26年以前はボランティアでした。27年以降は給与とポスティング代金を交互に得ていた」


−−報酬はどうやってもらったのですか。

森証人「現金で、事務所でもらいました」


−−その収入に関してあなたは確定申告していますか。

森証人「事務所が源泉徴収したと思っていましたので、確定申告はしていません」


−−ポスティングはあなた一人で何枚ほどしたのですか。配布した場所も教えてください。

森証人「西鎌倉の住宅と植木のマンションを対象に撒いた。私の引き受けた枚数は8000枚。1週間くらいで撒いたと思います」

 


    以上が3人の証人とのやり取りの主要部分である。印刷の実態がないことがより明白になったとは言えないだろうか。

 

    森証人は、給与とポスティング代金に関して確定申告していない、と証言した。政治団体の事務所は事業所ではないので、通常報酬については源泉徴収をしていない。「中村省司事務所では、二人の女性事務員も確定申告していたと記憶します」と中澤氏が述べている。政治活動とは別に会社を経営する森氏がこのことを知らないはずはなかろう。そうすると、森氏は中村省司事務所からの報酬に関しては所得税、市民税を納めてこなかったことになる。市議会議員になる人物として、その倫理観を問いたくなるのは、私ばかりではあるまい。

 

   中村省司県議の政務活動費をめぐる裁判は、次回6月12日(月曜日)午後3時 30分〜同じく424法廷で開かれることになった。次回で結審し、判決がその1〜2か月くらいあとに言い渡される見込みだ。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

フリースペース


岩田かおる

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM