北鎌倉隧道開削予算差し止め控訴審で画期的宿題が出る!

  • 2017.10.05 Thursday
  • 14:27

   この10月4日、東京高等裁判所で北鎌倉隧道開削予算差し止め裁判の第1回控訴審が開かれた。以下に報告したい。

 

○(経緯)
 この裁判は、鎌倉市が北鎌倉隧道(緑の洞門)を開削して4mの道路にするとしたことに、端を発している。文化庁が隧道(洞門)の尾根に文化財的価値があるとして、「4mの開削工事を見直すように」と鎌倉市に指示したことから、工事は中止となった。私たち原告団はその前に、横浜地裁に対して開削工事に公金を支出しないよう求める訴えを提起していた。工事は中止になったが、鎌倉市と契約した建設会社は前払い金として渡されていた1890万円のうち、すでに1744万6320円を諸経費で使ってしまっていた。そのため、原告団は訴えの中味を変更し、この金員を被告の松尾崇鎌倉市長が「市長ならびに当時の都市整備部部長に対して、損害金として支払うよう請求せよ」という裁判にしたのである。

 

○一審の判断

   横浜地裁は原告団が裁判に先立って行った住民監査請求に関して、中味の実質審理をしないで門前払いしたことは違法であるとしたものの、市長と都市整備部部長に無駄な公金支出をしたのだからこれを返金しなさい、と請求を求めたことについては、「違法性がなく、その必要はない」とした。このため、原告側は判決を不服として控訴したのである。


○東京高裁の第一回口頭弁論の内容

    東京高裁の第一回審理は824法廷で、4日の午前11時から開かれた。原告側の意見陳述のあと、杉原則彦裁判長は以下の二点の宿題を被控訴人の鎌倉市長に出したのである。

 

○裁判長が出した二つの宿題

(1)被控訴人(鎌倉市長)は東京高裁に提出した本件の答弁書で、最高裁が平成25年3月21日に第一小法廷で出した判決を引用している。同判決は、「地方公共団体の支出命令は、『1、契約が著しく合理性を欠き、看過できない瑕疵が存在する時』ならびに『2、地方公共団体が契約を解消できる特殊な事情がある時』……でない限り、違法なものとなることはない」とした。

 
    杉原裁判長は、被控訴人の鎌倉市長に対して、「本件の支出が、本当に著しく合理性を欠き、看過できない瑕疵が存在する事例と言えないのかどうか、理由を書面で書いて出しなさい」、また「本件支出が特殊な事情がある時に該当しないと言い切れるのか、書面で理由を書いて出しなさい」との宿題を出す旨を伝えたのである。

 

(2)さらに杉原裁判長は、北鎌倉隧道の開削工事は、文化庁が上の尾根に文化財的価値があると市に伝えたことから止まったが、仮に開削工事を進めていたら文化財的価値は消滅したことになり、著しく妥当性を欠くことになったと言える。被控訴人の鎌倉市長は、裁量権を逸脱したと言えなくもない。「裁量権を逸脱していない、そう被控訴人の鎌倉市長が主張するなら、その理由を書面で出しなさい」、こう二つ目の宿題を伝えたのである。

 

    裁判長が語る声を耳にして、私は思わず震えてしまった。ふつう高裁の審理は一回で終結し、次回に判決が言い渡される形が一般的だ。裁判長が被控訴人に対して、違法性がないのかどうかを検証するための宿題を出すのは、まさに異例中の異例と言える。現に鎌倉市長の代理人の弁護士は、法廷できょとんとして意味がわからない様子だった。市の道路課の職員は真っ青になり、今にも椅子から落ちそうだった。

 

     前記の宿題に関しては、12月1日までに市側が書面を裁判所に提出することになった。そして、次回の第二回口頭弁論は、12月18日(月曜日)午後2時30分から東京高裁824法廷で開かれることが決まった。控訴人の私たちは、この公判のあと被控訴人の市側の回答に対する反論を書面で出すことになり、かなり裁判が長引くことになりそうだ。

  
   私は目前の鎌倉市長選挙の準備に忙しい最中、東京高裁まで足を運んだのだが、それだけの価値のある内容の審理だったと言える。今後の成り行きが大いに楽しみになった。

コメント
この忙しい最中、東京まで裁判に出かけるとは敬服します。
  • 市民の味方
  • 2017/10/05 6:36 PM
私もそう思います。日常の活動が問われていると思います。だから成果をあげているのですね。
  • 鎌倉をよくする会
  • 2017/10/05 6:39 PM
市長相手に裁判をやり続けてきた岩田さんは立派です。市長選挙目前に高裁まで足を運んだことは、敬服に値します。こういうことをやり続けてきたあなたのよう人が鎌倉に必要です。
  • 鎌倉をただす会
  • 2017/10/06 8:55 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

フリースペース


岩田かおる

コメントについて

ハンドル(名)は自由ですが、多重使用は避けて下さい。また、コメントへの投稿は管理者が確認するまで「管理者の承認待ちコメントです」と表示されます。

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM