石牟礼さんから教えられた無上の隣人愛

  • 2018.02.12 Monday
  • 11:41

   作家の石牟礼道子さんが亡くなった。石牟礼さんと言えば、水俣病に苦しむ患者さんたちの姿を描いた『苦海浄土』3部作で知られる。患者さんたちの支援組織『水俣病対策市民会議』(のちの『水俣病市民会議』)の結成にも尽力したことでも知られる。『苦海浄土』は、(株)チッソが不知火(しらぬい)海に垂れ流した有機水銀に汚染された魚を食べて、身体が痺れて動かなくなった患者さんたちの姿をリアルに描き、大きな反響を呼んだ。「水俣を豊かにした会社(親さま)によって、自分たちは歩くこともきちんとしゃべることもできなくなってしまった。地獄はあの世にあるのではなく、この世のことなのです」そんな患者さんたちの声を石牟礼さんは、全身で受け止め、優れた文学作品に仕立てた。

 

    忘れもしない私が20歳になるかならないかの若い頃、石牟礼さんにお会いする機会があった。


    高校紛争に敗れた翌年(1971年)、私は三鷹高校の三人の仲間と沖縄に出かけた。私は高校卒業に際して「大学拒否宣言」を毎日新聞に発表し、全国の闘争世代に呼びかけミニコミ誌(マスコミに対抗する小さなメディアのこと)の出版社『精神の独立社』を神田・神保町に設立した。当時敬愛していたフランスの作家ロマン・ロランが、「腐敗した文明社会を改革するには今こそ自立する社会人の精神の独立が必要だ」と説いていたことにちなみ、社の名前をつけたのである。そこで発行する雑誌で、沖縄の基地問題を特集しようという話になり、興味をいだいた仲間と現地を訪れることにしたのである。沖縄探訪のあと、仲間と別れ、私は単身、水俣市と広島市を訪れる計画を立てた。水俣病の問題と広島の被爆者の問題を、やはり雑誌に取り上げようと考えたからだ。


    水俣市に着いた私は石牟礼さんの家を訪問した。高校を出たばかりの世間知らずの私は、紹介もなしに、前々年『苦海浄土』を刊行したばかりの石牟礼さん宅を訪ねたのである。

   
   石牟礼さんは東京から来たと告げた私を家に入れ、こころよく雑誌のインタビューに応じてくれた。そればかりか、「水俣を見るには一日では足りない。泊まっていきなさい」と誘ってくれ、石牟礼さん宅に泊めていただくことになったのである。石牟礼さんは作家臭が全くなく、とてもやさしいおばさんという雰囲気だった。石牟礼さん手作りの料理をふるまわれ、食後一緒にチッソの水俣工場まで行くことになった。工場の正門前では、チッソ相手に損害賠償を求めた第1次訴訟の原告団の患者さんたちが座り込みをしている最中だった。石牟礼さんとともに私も座り込みに参加させていただくことになった。チッソ水俣工場に着くまで市内を一緒に石牟礼さんと歩いて行くと、街中で何人もから声をかけられた。みな石牟礼さんとは旧知の間柄にあるようで、彼女も気さくに「○○さん、調子はいかがですか」と声をかけて、何とも温かな雰囲気だった。

 

    夜になるまでチッソ水俣工場前で座り込みをしたあと、石牟礼さん宅に戻り再び手作りのおいしい料理をふるまわれた。そのあと、水俣に寄せる彼女の思いを直接耳にさせていただいた。天草生まれの石牟礼さんは小さい時に水俣町(現在の水俣市)に移住した。「幼い頃から親しんだ不知火海は、漁師たちに海の幸をもたらす、まさに豊穣の世界でした。その豊かな海が有機水銀の害毒を撒き散らし、住民を生涯苦しめる苦海になるとは思いもしませんでした。この世の不条理を見る思いがします」石牟礼さんの静かな語りは、20歳になるかならないかの私にとって衝撃的だった。石牟礼さん宅には一週間近く泊めていただくこととなった。


    帰る前日、私はチッソ水俣工場に潜入した。「まだチッソは罪を認めようとせず、水銀を垂れ流している」との話を患者さんたちから耳にしたからだ。


   従業員のふりをして人ごみにまみれて正門から中に入ることに成功した私は、工場内で排水口を探して歩き回った。やっとのこと、水俣湾に面した場所に排水口が突き出ている現場を眼にすることができた。驚くことに直径約40センチから50センチもの太い排水口から、鉛色の排水がどくどくと海に注がれていた。まさに水銀としか見えない色の排水である。私は必死でカメラのシャッターを押し続けた。その時、背後に警備員が立っているのに気がついた。「何をしているんだ」との声がやむかやまないかの間に私は全力疾走で逃げた。右へ左にさまよったあげく、幸い工場への引き込み線の線路を見つけることができた。線路沿いにいのちからがら走り、何とか工場の外へ出ることに成功した。


    1971年当時も、まだチッソが排水を垂れ流していた事実を示す写真を私は手にすることができた。翌日、私はこの土産を持ち石牟礼宅をあとにしたのだった。


   石牟礼道子さんの訃報を聞いて、47年も前のことを思い出した次第である。彼女から教えられたのは弱き者への無上の愛の大切さである。苦しむ民とどこまでも寄り添う石牟礼さんのような作家はもう出ないのではなかろうか、そう考えると残念でならない。

コメント
とても良い文章ですね。チッソは、水俣病を「奇病」として、長い間水銀垂れ流しを認めませんでした。しかし、1971年当時まで排水口から水銀を垂れ流していたとは、驚きです。国も監督責任を認め、水俣湾埋め立て地で開かれた水俣病犠牲者慰霊祭で公式に謝罪したのは、1996年5月のこと。その時の環境庁庁官が旧神奈川2区選出の元社会党代議士、岩垂寿喜男さんでした。岩垂さんが亡くなったのは鎌倉の病院と聞きます。。今回の文章を書いている岩田さんも鎌倉の人。因縁を感じます。
  • 鎌倉から環境問題を考える会有志
  • 2018/02/12 1:43 PM
鎌倉市政のあいかわらずの混迷を見るにつけ、
岩田さんの支持にまわらなかった
鎌倉市議会議員全員と市民の民度の低さが嘆かれる

  • ruriakane
  • 2018/02/12 6:30 PM
(株)チッソの元役員に皇室の縁戚の方がいたと聞いたことがあります。そのため、長い間責任の所在があいまいにされてきた、と。先日の建国記念日に賛同団体の集会で大学の先生が「今年は明治維新150年の記念すべき年だ」そう語ったとの報道がありましたが、日本の近代もたいしたことありませんね。日本の高度成長は、公害を撒き散らしても何ら痛みを感じない企業が作った蜃気楼のようなものでした。誰も責任をきちんととろうとしない日本人の体質は変わっていないのかもしれません。不祥事が続くのに改革が全く出来ず、市長か反省もしない鎌倉市政とよく似ている、そう思いませんか。
  • 鎌倉市政を糺す会有志
  • 2018/02/12 8:16 PM
ヤフーの知恵袋に、水俣病と皇室についての質問に関して以下の回答がありました。引用します。
「水俣病を引き起こしたチッソの社長、江頭豊氏は、皇太子妃雅子さまの母方の祖父。彼は水俣病被害者に対し『死んだ魚を食べる乞食がカネをせびりに来たな』『腐った魚を食べるから汚い病気にかかる。伝染るから近つ¨くな』(株主総会で一株株主の患者達に)と恫喝したり、暴力団を雇って患者や新聞記者襲わせた。この時、アメリカ人カメラマン、ユージン・スミス氏(水俣病の写真を世界に発信していたことで有名)が脊髄を損傷。片目を失明した」
  • 事情通
  • 2018/02/13 11:04 AM
江頭氏が社長をつとめたのは、1964年12月〜1971年7月まで。ということは、岩田さんが水銀を垂れ流す排水口の写真を撮影した1971年当時はまだ社長をつとめていたことになりますね。これもネットの記事ですが、哲学者の山折哲雄さんんと作家の高山文彦さんの対談にとても良い指摘がありましたので、引用します。
高山文彦「2013年10月に熊本を訪問された天皇皇后が、水俣病の胎児性患者とお会いになりました。そのきっかけを作ったのが、作家の石牟礼道子さんでした。評論家の鶴見和子さんをしのぶ山百合忌で石牟礼さんは皇后とご縁があって、『人を好きだと思っても好きと言えん人たちでございます。患者さんたちにぜひ会ってください
』と手紙も出していらしゃった。」
山折哲雄「石牟礼さんがお出しになったエツセイ集『花の億土へ』(藤原書店)のなかで胎児性患者たちから聞いた思いとして、これ以上争っても自分たちに苦しみが残るだけなので、『私たちはもうチッソを許します』という言葉を紹介していますね。」
高山「患者さんが『チッソを許す』と言ったことがいちばん大きかったと思います。」
皇后陛下がお会いになり、患者さんたちもチッソを許すと言った話は感動しますね。
  • 高山さんの記事
  • 2018/02/13 12:09 PM
感動しました。素晴らしブログです。
  • 感動した若者
  • 2018/02/15 7:33 PM
鎌倉にこのような人がいたとは!私も感銘しました。
  • 鎌倉市民
  • 2018/02/15 7:35 PM
反響の多さに驚いています。本日の朝日新聞に、「環境省は、水俣病被害者救済法(特措法)に基づき、国の基準で患者と認定されない被害者に一時金を払うために、国が原因企業のチッソ(本社・東京)に貸したお金の返済開始を2019年度から3年猶予すると発表した。経営状況などを踏まえて再び猶予するか、20年度をめどに検討するという」との記事が出ていました。環境省大臣官房に聞くと、国が熊本県を通じて貸し付けた額は814億円だという。この債務の償還期限ごとに、31年度は20億円、32年度は40億円といった形で返済を猶予するということです。未認定患者への一時金は一人あたり210万円で3万人もいるという。「原因企業のチッソがつぶれては救済できなくなるので、やむんえない措置です」と環境省は語っています。皇族が元幹部にいたから救済することではないようですが、あれだけの公害を撒き散らした企業への貸し付けた額を償還期限ごとに返済猶予するとは他の企業ではなかなか考えられない措置とは言えないでしょうか。
  • 岩田薫
  • 2018/02/16 11:59 AM
いつも岩田氏を応援していますが、今回の記事は時系列が変ですよ?雅子妃殿下がご成婚されたのは93年で、お妃候補に挙がったのも80年代後半ですから、70年代初めの話を持ちだして皇族が元幹部にいたから云々ということ自体変です。ユージン・スミスが襲撃を受けたのも72年で江頭氏退任後です。しかも江頭氏は、当時傾いていたチッソの経営を立て直すために日本興業銀行から派遣された人です。ヤフー知恵袋なんて誰でも自由に書けるのですから、信ぴょう性のないことなんて山のようにあります。ジャーナリストなんですから、その辺はきちんと確認されたほうがいいと思います。応援しているからこそ、あえて書き込みました。
  • 岩田氏支持者
  • 2018/02/17 8:30 PM
書き忘れましたが、死んだ魚云々という話を江頭氏がしたというのは有名なデマで、色々と尾ひれが付いていますが、このデマの元となる話をしたのは、当時の東邦大学教授の戸木田氏とチッソ水俣支社の東平総務部長です。この程度のことは、文献をあたればすぐに出てきます。岩田さんの今後のご活躍を祈念しています。
  • 岩田氏支持者
  • 2018/02/17 8:40 PM
皆さんのコメントに対してご意見ありがとうございます。参考になりました。検証してみます。
  • 岩田薫
  • 2018/02/20 9:40 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

フリースペース


岩田かおる

コメントについて

投稿はできる限りそのまま掲載しています。内容はブログ主宰者が判断しますが、誹謗中傷はないようお願いいたします。

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM