大盛況だった『鎌倉市役所移転を問う住民投票の会』の発足集会

  • 2018.06.24 Sunday
  • 09:55

    6月23日の夜6時から鎌倉福祉センターで開催した『鎌倉市役所移転を問う住民投票の会』の発足集会は、たくさんの市民が会場に訪れ、大盛況でした。私たちは天候も雨模様だったため、30人程度の人がくれば成功だと考えていました。資料も35部しか用意していませんでした。ところが蓋を開けてみたところ、80人を超える市民が集まり、資料も大急ぎで刷り増しする事態となりました。自治会長さんも多数お見えになりました。急遽椅子や机を追加して並べて、なんともうれしい事態となりました。

 

   会場からは、「自分たちの住む場所から市役所がなくなるから反対という地域エゴの運動では、輪が広がらない。市役所をなぜ移転しなければならないのか、市の事業でやらなければならない他の懸案事項を除外しても、移転は早急にやるべきことなのか、優先すべき政策はなにか、といった議論をこそ広範な市民とすべきだ」といった意見や、「市役所をどうすべきか、市の職員や市長を交えて議論すべきだ」という声、さらに、「市は材木座の保育園を閉鎖して、その土地を売却した資金も市役所移転に充当しようとしている。私たち地元はこの場所に津波避難タワーを建ててもらいたいと願っている。市役所だけ安全な場所に移転し、旧鎌倉地域は犠牲になってもいい、そんなふうに市が考えているとすれば問題だ」といった抗議の声も出て、かなり熱い雰囲気になりました。


    市民が多数出席したのとは対照的に市議として会場に出たのは、長嶋竜弘さん一人だけだったため、「なぜ、こんな重要な集会に市議がもっと来ないのか」という意見も出ました。長嶋市議は、「議員の関心のなさが問題。市政の重要項目にきちんと向き合い、市民の声を受け止めるという姿勢が今の鎌倉の議員には欠けている」と感想を述べました。


    発足集会ではこのあと、署名収集代表者や委任者になってくれる方の登録用紙を配布しましたが、紙が足りなくなるほどの反響でした。「松尾市長の独断専横の市政運営を今こそ変えなければ、鎌倉はダメになってしまう。市長リコールの運動に高めてはどうか」といった熱い意見も飛び出し、議論は沸騰しました。


    私たち呼びかけ人は、これほどの反響が広がるとは考えていませんでした。責任の重大さを痛感しています。
     今後、市内各地でミニ集会や学習会を重ねて、住民投票の会の協力者をさらに増やしていく予定です。ご支援ご協力に感謝いたします。


    なお、次の打ち合わせは、7月1日(日曜日)午前10時から岩田事務所で開きます。ぜひ、ご参加下さい。

 

集会の様子

コメント
住民投票の会の発足集会、盛況だったとのこと。期待いたします。松尾市長も脅威に感じているのではないでしょうか。市政改革に市民が立ち上がったのですから、鎌倉の歴史を塗り替えることは間違いありません。
  • 期待する市民
  • 2018/06/24 10:08 AM
確かに市長をリコールする運動を提起する方が、てっとり早いと言えるかもしれない。しかし、住民投票で過半数が市庁舎移転反対なら、松尾市長の政治生命はなくなる。辞任せざるを得ないはずだ。
  • リコールのきっかけ作りに期待する市民 
  • 2018/06/24 7:00 PM
選挙は争点が明確でない限り、一票に思いを託して投票出来ません。その点、市庁舎移転に対して、賛成か反対かを丸で囲んでもらう今回の住民投票は、有権者の意思が反映される、またとない機会を提供することになると思います。こんな体験は、一生に一度できるかできないかでしょう。この機会を提供して下さった皆さんに、感謝いたします。発足集会の盛会ぶりを見て、鎌倉の未來を信じたい気持ちに、改めてなりました。
  • かつての鎌倉有権者の会の会員
  • 2018/06/24 7:12 PM


(1)直接請求

○地方自治法第 74条が根拠

普通地方公共団体の議員及び長の選挙権を有する者は、政令の定めるところにより、その総数の 50分 の 1以上のは連署
を以て、その代表者から、普通地方公共団体の長に対 し、条例の制定又は改廃の請求をすることができる」

○鎌倉市の有権者は、14万 9975人 (平成 30年6月1日現在) その50分の 1は、 2999人 である。

(2)市長リコール

●リコールは有権者の3分の1は、49991人である。

●昨年11月市長選挙の松尾氏獲得票数は、46666票であった。


まず、松尾氏に投票した鎌倉市民に反省を求める必要ある。

住民投票が実現出来ることを期待しています。


  • 鎌倉市政を見た他市有権者
  • 2018/06/25 5:44 AM
リコールはハードルが高いですね。しかし、住民投票の条例制定の直接請求なら、間違いなく50分の1の署名が集まりそうです。必ず実現すると確信します。頑張って下さい。市長は住民投票が実現したら、絶対に安泰ではなくなるはずです。市民による異議申し立ての運動なのですから。市役所の職員も戦々恐々としているのではないでしょうか。
  • 鎌倉市民の一人
  • 2018/06/25 7:04 AM
今の市役所は手狭だから建て替えたい、そう市の幹部は主張する。しかし、これは移転と別の話だ。財源はどうするのか、市政で他に優先すべき事業はないのか、そう言ったことが全く議論されていない。住民投票は市に猛省を求める意味でやる価値が大いにある。
  • 鎌倉有権者の一人
  • 2018/06/26 1:23 AM
現在開催中の市議会で市庁舎移転問題と住民投票の件は、何人かの議員が一般質問しました。長嶋市議と大石市議がそうです。本日(6月26日)午前9時30分からの総務常任委員会でも、市庁舎移転問題が審議されると聞いています。議員の皆さんがどう市側を糺すか、注目したいと思います。住民投票の会が立ち上がった現在では、市もいい加減なことは言えないはずです。
  • 議会ウォッチャー
  • 2018/06/26 1:33 AM

【拡散希望】2016/6/26(カナロコ)鎌倉市役所移転巡り住民投票を 市民団体が署名活動へ

http://www.kanaloco.jp/sp/article/341424


  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/06/26 6:49 AM
決定事項というのは、かなり複雑な合意を得て、法的にも裏打ちされないと、発表には至りません。まだまだ、ハードルが或る中、「深沢に決定しました」と、発表してしまったことは、市民を疑心暗鬼に突き落として、罪が深いと思います。
 既成事実として、強引に、進めたい思惑が透けて見えてしまいます。
利権が大き過ぎる?それにしてもやり方が汚い。
もりかけ問題のようで、今後、何が出てくるか、、。
経済だけ重視する政策の無理筋のトラブルが各所で出ている感じがします。
これでいいの?鎌倉の人は??
  • 一市民
  • 2018/06/26 8:03 PM
大きな利権が深沢移転に絡んでいるのは、間違いありません。このままでいいわけがありません。住民投票で民意を示し、市長、副市長に異議申し立てをすべきだと考えます。本日(6月26日)の鎌倉市議会の総務常任委員会は、議題が多く、市庁舎移転問題の審議まで議事が進みませんでした。明日(6月27日)午後2時30分から、日をあらためて市庁舎問題を審議することになりました。市民の皆さんと、しっかりやり取りを傍聴したいと思います。市長も呼ばれる予定です。市長の責任問題として、議員が闘うことを期待したいと願っています。
  • 岩田薫
  • 2018/06/26 10:25 PM
私も傍聴しました。
市庁舎移転は、高野市議も「鎌倉にとって鎌倉幕府以来の歴史的事案!」
と言われていましたが、ほんとうに大きな、大きな問題です。

それを行政だけで決める?
市民と対話というアリバイに些少の市民を既成事実の中に組み込む。
枝葉の問題に分けて、小さくしてグループごとに討論させる。
十代の建築関係の学生に都市計画の夢を語らせ、印象操作する。
紛糾するほど深沢移転の疑問ばかりでた「市民対話」なのに、
そのことには振れず、賛成意見だけを市議会で述べる。

そんな市の職員のやり方が姑息ですが、その根拠は
「市長選で深沢移転を公約に入れた松尾さんが当選したから」だそう。

市長が当選したことは、市長に『白紙委任した」わけではないのに。
これが噂の「利権問題」というものなのでしょうか。

「深沢を武蔵小杉駅のように」工業地域の枠をはずして発展させる。
民間の自由競争。深沢地域の方が望むなら、それは良いことだと思います。
しかしながら「再開発計画」に「市役所移転という公費を投入する」
「新駅に莫大な税金をつぎ込む」のは、別問題ですよね。

鎌倉市民の皆さんの血税が一部の企業の利益のために使われて、
学校。保育園。学童保育。防災。ゴミやインフラがガタガタでも、
後世に借金が残っても、そのほうがいいとほんとうに思えるのでしょうか?
生活者として絶対にそんなことは無いと信じます。

市民のみなさまの意見が直接反映できる、市民投票に期待します。

  • 一市民
  • 2018/06/29 4:32 PM
発足集会の参加者を最終的に確認したところ、95名ほどになることがわかりました。参加いただいた皆さんに感謝いたします。今後、参加いただいた方にお一人ごとに確認し、署名収集委任者になっていただけるか、説明にあがる予定です。何卒、よろしくお願いいたします。
  • 岩田薫
  • 2018/07/02 3:53 AM
費用ばかりが注目されているが、投資として考え、移転することによる収益を考えないのか。反対するのはいいが、鎌倉市の今後の未来がよくなるアイデアはあるのか。
一番よくないのは前に進まないこと。
今後、AIの技術が発達し、市役所の業務の多くはAIが担うことになり、市役所が街の中心という考えはもう時代に合わなくなってくるでしょう。
松尾市長をリコールすることばかり考えず、鎌倉の未来がよくなるようなアイデアを出していきましょう。
  • 移転賛成
  • 2018/09/20 10:58 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

フリースペース


岩田かおる

コメントについて

投稿はできる限りそのまま掲載しています。内容はブログ主宰者が判断しますが、誹謗中傷はないようお願いいたします。

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM