住民投票の署名開始までいよいよ1か月を切りました!

  • 2018.08.07 Tuesday
  • 17:18

    住民投票条例の制定を求める直接請求の署名開始まで、あと1か月を切りました。この間の動きを報告します。
    
8月2日(木)には市役所講堂で午後3時から、「第1回鎌倉市本庁舎等整備委員会」が開催されました。私は傍聴人として出ましたが、委員長に横浜市立大学グローバル都市協力研究センターのシニアアドバイザーの国吉直行氏が選ばれた時点で、公開質問状を提出しました。内容は、同委員会に「公共的団体が推薦する者」として、特定非営利活動法人鎌倉市市民活動センター運営会議の正会員のG氏、鎌倉市自治町内会総連合会の会長のM氏が委員としてはいっていることに関して、「私は鎌倉市市民活動センター運営会議の正会員であり、自治会長として鎌倉市自治町内会総連合会のメンバーでもあるが、両名を推薦した覚えがなく、また両団体から委員を選任するので了解を求められた記憶もない。どのような経緯で委員を選んだのか、説明を求めたい」というものです。内部の判断で一方的に委員を推薦したことに関して、これをただす文書を出したのです。
    この件については、事務方をつとめる鎌倉市公的不動産活用課の職員から、あとで回答を出すことにしたいと伝えられ、委員会は審議にはいりました。
    以下、大事な部分だけ再録します。


○第1回鎌倉市本庁舎等整備委員会の議論


(1)「移転についての市の説明」
・現庁舎は築50年で災害時に機能を果たさないため、深沢に移転します。その場合、消防署や体育館も一緒に整備します。

「委員の意見」
・体育館も一緒に整備するなら、災害時の拠点として避難所に使用する際の利便性も考えて設計すべきです。プライバシーを確保する仕切りを作れるようにするとか、暑さ対策を講じるとか、あらかじめ考えておくとよいのではないでしょうか。
・運動公園等も一緒に整備するなら、市役所移転のコンセプトを「ウェルネス鎌倉」といったものにするのも、ひとつの方法だと思います。
・市庁舎の機能が市全域に行き渡るのか、周辺へのアプローチを分析しておくべきです。

 

(2)「災害に関しての市の説明」
・現庁舎は津波浸水区域にあり、災害発生時に機能を果たせない可能性があります。深沢の移転予定地に関しては、柏尾川が洪水であふれる場合の想定をしています。「想定し得る最大規模の降雨」を24時間の積算雨量で632ミリとした場合、再開発事業用地に約3mの高さで浸水すると予想されます。しかし、市役所移転予定地は高いところで川沿いの道路より約3m上にあり、低いところでも約1、5m上にあるため、現況で浸水想定は0m〜1.5m程度となります。かさ上げして整地し、浸水しないようにする予定でいます。

「配布された資料からのデータ」
・現在の市庁舎の津波による浸水予想は、『かまくら防災読本』によると、0.5m未満となっています。

「委員の意見」
・この点について、委員からの意見はありませんでした。

 

(3)「コスト面に関しての市の説明」
・進行中の県内の庁舎整備の事例を見ると、1平方メートルあたりの建設単価は、二宮町の約30万円から川崎市の約65万円まで差があります。鎌倉市は約60万円としています。本庁舎の必要面積は、総務省基準や国土交通省基準、並びに他の自治体事例と人口比や職員数比を基に算出したデータなどから、約3万平方メートルを想定しています。そうすると鎌倉市の建設コストは、約180億円となります。


「委員の意見」
・コストにかなり差があります。30万円〜65万円まで単価に開きがあり、聞くところによると茅ヶ崎市役所はかなり安かったと言います。次回まで積算の根拠を出していただきたいと思います。


(4)「今後のスケジュールに関しての市の説明」
・整備委員会は9月に第2回目、10月に第3回目、11月に第4回目を開く予定でいます。無作為抽出した市民による市民対話集会の方は、8月に第2回目、9月に第3回目と第4回目(拡張ワークショップ)、10月に第5回目を開催する予定です。市民対話で出た意見を本委員会にフィードバックする考えでおり、それを基に論点を整理し、11月にパブリックコメントを求める案を策定、12月から来年1月にかけて市民から意見を募集したいと考えています。


「委員の意見」
・一点、まちづくりの観点から、深沢の庁舎がどういう役割を果たすのか、市側の情報提供を求めたいという要望が出されたほかは、特に意見がありませんでした。

 

   第1回の本庁舎等整備委員会の審議は、低調な感じがしました。こんな形で市役所の移転が進められていいのだろうか、そう多くの傍聴人が危惧したのではないかと思います。


    8月5日(日)には、午後1時30分から、岩田事務所で茅ヶ崎市の元市議会議員の海老名けんたろうさんを招いて、住民投票条例制定の署名集めの学習会が開かれました。添付の写真をご覧下さい。当日は、約10人のスタッフが集まりましたが、かなり具体的な話が出て参考になりました。こちらも再録してみます。


(1)「署名数について」
・海老名さんの発言
「地方自治法で定める有権者の50分の1は、約3000人。これを目標にして運動を進めるのならば、やめた方がいいと思います。数が説得力を持ちます。少なくとも、1万人を超える署名を集めるということを目標にすべきです。1万人を超えると署名を集める私たちも震えるはずです。何より、市議会議員の対応が違ってきます。3000人だったら全く怖くないけれども、1万人を超えると、議員は支持者のことを気にし始めます。自分の選挙にも影響を与えかねない、そう考え、条例制定の運動を無視できなくなるのです」


(2)受任者の数
・海老名さんの発言
「署名をたくさん集めるには、何といっても、委任者(本人からすれば受任者)を増やすことにつきます。私たち茅ヶ崎市での運動では、始め301人でスタートし、何度も市に申請を出して、最終的に1035人の受任者に署名集めをお願いしました。受任者は、署名集めを始めてからも、次々増やせるので、どんどん誘うことがポイントです。一家4人の署名を集めるのでも、そこの家の1人に受任者になっていただくとスムーズに署名集めがいきます。2人家族なら1人に受任者になっていただくのでも、かまいません。あと私たちは20人のスタッフを各地域ごとに担当を割り振り、連絡をいただければ、すぐ署名簿を届ける体制をとりました。また、事務担当の人間を決め、申請があるとすぐ市役所に書類を届ける体制をとりました。茅ヶ崎市では結果的に、15167人の署名を集めるのに成功しました」


(3)運動を広げるコツ
・海老名さんの話
「街頭署名は効果的です。私たちは住民投票のことを書いた揃いのTシャツを作り、街頭に立ちました。街宣車も出しました。だんだん街の中に浸透してくると、『受任者になるにはどうしたらいいですか』といった申し込みが殺到します。街頭署名は、運動を展開していますという宣伝をするには、一番の手だと言えます」


(4)運動の注意点
・海老名さんの話
「『受任者はがし』に注意が必要です。住民投票条例制定の署名活動は各地で行われていますが、意地悪な市だと、受任者になった人のところにはじから電話をしているケースがあります。『あなたは条例制定の署名活動の受任者になられたのですか』と尋ね、『受任者って何ですか』と答えたりした場合、その方が集めた署名をすべて無効としたような例もあります。ですから、受任者になっていただく人には、その意味を丁寧に説明しておく必要があります。署名が50分の1の数に対してぎりぎりの場合、こうしたいやがらせをやられる可能性があります。かなり上回る数なら、職員がやっても仕方ないとあきらめる傾向にあります」


(5)条例案について
・海老名さんの話
「市議会の体質によります。言葉じりをとらえて、審議の際にいろいろ意見を言うような議会の体質がある市ならば、できるだけ簡潔な条例案にするのがいいと思います。茅ヶ崎市の場合も簡潔なものにしました。条例案の文言で、『住民投票の結果を市と議会は尊重する』と書くべきか、あるいは『住民投票の結果に市と議会は従う』とすべきかは、議会の勢力がどうかにもよって違ってきます。署名数もかなり集まり、議員の選挙に影響を及ぼすような状況なら、踏み込んだ文言にしてもよいと考えます」


    かなり参考になる話がいくつも出た学習会でした。私たちは、今後の運動に是非話を活かしたい、そう考えています。

    8月18日(土)の午後6時から、鎌倉福祉センター2階の第1・2会議室で、私たちは、署名収集委任者(受任者)の説明会を計画しています。

 

     たくさんの皆さんの参加を期待したいと願っています。そのほか地区での説明会や市長との市庁舎移転のシンポジウムなど、今月下旬にいくつもの催しを計画しています。詳しくは前回のブログをご覧下さい。いよいよ署名集めの準備も本格化してきました。

 

整備委員会

コメント
現庁舎は津波の浸水が0.50m及ぶ可能性があるから、安全なところに移転すると市はいう。しかし、深沢の移転予定地も洪水の浸水が0mから1.5m及ぶ可能性がある、そう鎌倉市本庁舎等整備委員会で配布された資料には書いてある。
なんとも……。だったら180億円もかけて移転しなくてもいいではないか、そう言いたくなる。ひどい話だ。
  • 浸水を検証したい市民
  • 2018/08/07 6:15 PM
市民対話は、全てが、深沢ありきで進行しています。
もう疑問は挟まないのが市民対話の暗黙の条件です。
コンサルタントが「市民は深沢の市庁舎にこんな夢を描いています」という
筋書きに沿って、インスタントに議事進行をしています。
2回目の参加者は前回から参加の移転賛成派の方3人を入れて16人。
わずか16人(新規無作為は13人)をして、市民の意見?
しかもコンサルタントの意向のまま、熟考する時間も無く、
「深沢に或る市役所に求める夢」などを発言させられて、、。
子どもの対話教室より酷い、「なんちゃって市民対話」です。
データーは数字のマジックでごまかしていうし、、、。
街が大きく変わることはシカト。市庁舎移転だけがあるがごとくの説明。
モチロン深沢は完璧な安全地帯。という説明、、、。

酷さがあからさまなのに、市民と対話したアリバイ作りをつくりたい行政!
なぜ、不誠実に、こんなに急いで成立させたいのか、、?
市役所の職員は市民を無視。どおせわからないだろうと、
言い方は丁寧ながら、じつは市民を馬鹿にしていることにも驚かされます。
ここまで人は傲慢になれるのですね。

手の上で市民を踊らせて、ほくそ笑んでいる課長には、怒りすらを覚えます。
市の職員は市長や上役しかみていないし、、、。不幸なことです。
着々と行政だけで進んでいる市役所移転。
税金を払い、今生活している市民のためにキチンと熟考しましょうと
言いたい! 市民投票で問いましょう!
  • 市民対話にでた怒る市民
  • 2018/08/07 8:09 PM
茅ヶ崎の海老名さんの話は、実に参考になります。教訓を生かし、鎌倉で何とか成果をあげていただきたいと願っています。
  • 市民有志
  • 2018/08/07 8:28 PM



>「委員の意見」
>・コストにかなり差があります。30万円〜65万円まで単価に開きがあり、聞くところによると茅ヶ崎市役所はかなり安かったと言います。次回まで積算の根拠を出して>>いただきたいと思います。

行政側に資料を出してもらう等を発言する委員は事前勉強していない。

情報は全て提供されていることを理解しているのか?

前提条件の基礎データに疑問があることが分かっていない。


(鎌倉市)本庁舎機能更新に係る基礎調査 報告書

https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/facility/documents/hontyosya_kiso_hp_1.pdf

(茅ヶ崎)市役所新庁舎基本計画
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/009/529/shinchousha_kihonkeikaku.pdf




  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/08/08 6:01 AM
本庁舎等整備委員会の委員長は鎌倉在住ではないと聞きました。学識者は、ひとごとの問題として審議しています。他の委員も勉強不足は否めません。報酬を返せと言いたくなります。資料を要求した委員は団体から推薦された方です。資質を疑いたくなります。
  • 委員に資質を問いたい市民
  • 2018/08/08 7:12 AM
署名集めの受任者って、けっこう大変なんですね。しっかり勉強して、間違いのないよう署名集めをしたく思います。
  • しっかり受任者になろう!
  • 2018/08/08 2:12 PM
今回ばかりは、松尾さんのやり方に納得できません。旧鎌倉を見捨てるなんてあまりにもひどいではありませんか。私のところは、年寄りの二人住まいで、身寄りはありません。市役所だけが頼りなのです。市役所が遠くなったら、生きていけません。住民投票は私どもの最後の抵抗の手段なのです。
  • ふつうの市民
  • 2018/08/08 3:13 PM
鎌倉市本庁舎等整備委員会は、移転する新庁舎の面積を3万平方メートルとして建設費を試算している。本当にこれだけの面積が必要なのか、疑問だ。将来の人口減、IT化による合理化などを勘案すると、3万平方メートルも必要ないことがわかる。現在の本庁舎の面積である11975平方メートルで充分だ。もっと狭くてもいいくらいだ。公務員は市民の下僕であり、市民に雇われているのだから、地方財政法がうたうように、最少の経費で最大の効果をあげることにつとめるべきだ。
  • 市民は下僕なのか
  • 2018/08/09 9:02 AM
海老名さんを招いての住民投票の学習会の写真をブログで見ました。なかなかいい事務所ですね。今度、是非招待して下さい。住民投票の運動の前線基地になるのが、この事務所ですね。頑張って下さい。
  • なかなかいい事務所ですね
  • 2018/08/11 12:27 AM
松尾崇鎌倉市長の発言集です。

・「深沢は鎌倉市の中心です。人口構成からみても、そうなります」
・「私は、先の市長選挙で信任されました。市役所移転は市長選挙の最大の争点になりました。よって、市役所を深沢に移転することは、多くの市民の支持をいただいたと考えています」
・「深沢に移転するのが、費用も一番安い問題解決の方法です。現在地に建て替えるより、はるかに安く出来ます」
・「『広報かまくら』5月1日号が『本庁舎は深沢地域整備事業用地に移転します』と書いたことは、間違っていません。市では、すでに決定したのです。決まったことを書いたのですから、訂正する必要はありませんし、謝罪する気もありません」
・「現庁舎は、築50年たち、老朽化が著しく、手狭です。用途地域の制限で、現在地にこれ以上の建物は建てられません。何より、津波浸水の危険性があります。安全な場所に移転し、災害時に市民の命を守る前線基地にしたいと考えています」
・「深沢も柏尾川の洪水による浸水の可能性があることは、認めます。しかし、本庁舎はかさ上げして建てるので、大丈夫です」
・「『鎌倉市役所の位置を定める条例』の改正を市議会にいつ提出するかですが、前回の時は、現在の市役所の建て替え工事が終わり、その日に開館するというまさにオープン時に議決しています。今回も、かなりあとに議会に出したいと考えています」
・「市民への告知が少ないと言いますが、出前講座も43回やってきましたし、無作為抽出した市民対話も開催しています。市民によるワークショップも開催しています。市民への周知はそれなりに行っていると考えます」

なんとも...。これらの発言をどうとらえるか、市民の見識が問われています。
  • 市政ウオツチャー
  • 2018/08/11 5:24 AM


【拡散希望】2018/8/11【平成30年度】鎌倉市本庁舎等基本構想策定支援業務委託の企画提案の選考について

http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/facility/hontyosya-propo30.html

コメント:市民対話を仕切っているのは株式会社都市環境研究所です。


  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/08/11 6:21 AM
◆深刻です、本庁舎移転の洪水問題!
8月1日の広報の一面のハザードマップは2016年の古いデータで本庁舎予定地は浸水想定区域に入っていません。


※8月1日号広報かまくら
http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/…/kama…/h30/180801.html

一様注釈はつけている
→最新の情報は、県のホームページ「河川の氾濫による洪水浸水想定区域図」の柏尾川・滑川・神戸川をご覧ください。


平成30年1月のデータでは、深沢の整備用地は全体で0.5m〜3mの河川の氾濫による洪水浸水想定区域になっています。


※平成30年1月の洪水ハザードマップ
0.5m〜3m未満の浸水想定となっています。

http://www.pref.kanagawa.jp/…/cnt/f3747/documents/910403.pdf


第1回本庁舎等整備委員会資料より
柏尾川沿いよりも行政施設用地は約3m高いため、浸水想定は現況で0m〜1.5m程度となるが、区画整理事業で行う整地によって浸水しないように整備する予定である。


本庁舎の予定地をかさ上げする費用は?
事業用地全体のかさ上げはどうなる?
ここをかさ上げすると溢れた水は何処へ流れ込む?

  • 長嶋竜弘
  • 2018/08/11 5:16 PM
長嶋さん、ありがとうございます。8月12日に第11回目の幹事会を開催し、8月18日(土)に開く、署名収集委任者の説明会の案内状の封筒詰めをみんなでしました。以下に改めて案内を掲載します。
・署名収集委任者(受任者)への説明会
・8月18日(土)午後6時から
・鎌倉福祉センター2階会議室
住民投票条例制定の署名集めについて、詳しく説明いたします。そして、会場で署名収集していただく受任者の登録を正式にお願いいたします。
是非、ご参加下さい。
  • 岩田薫
  • 2018/08/12 5:59 PM
説明会に参加いたします。鎌倉の有権者であれば、誰でも参加できると伺いました。是非、協力させて下さい。
  • 参加いたします
  • 2018/08/12 6:01 PM
私も参加いたします。頼朝公が幕府を開設して以来、鎌倉1000年の歴史を、恐れおおくも市役所移転によって否定する行為だと思います。こんな蛮行は許せません。是非とも協力させて下さい。
  • 自治会長
  • 2018/08/13 2:36 AM
今日、わりと自然好きな連中の集まりにでかけて「市役所移転、どう思います?」みたいなことを
提起したら「災害時の司令塔としての機能をもった市役所に早く移転しなきゃだめだ」「うち(岡本)から
近くなっていい、自転車で行ける」とか、けっこう言われました。旧鎌倉とそれ以外との意識の落差は大きい
ですね
  • ruriakane
  • 2018/08/13 3:26 AM
ruriakaneさん、ご意見ありがとうございます。旧鎌倉とそれ以外の地域の落差は大きいとの指摘は、そのとおりだと思います。しかし、災害時の司令塔の機能を確保するための移転という根拠は、崩れています。本庁舎移転先の深沢再開発事業用地は、平成30年1月に神奈川県が出したデータで、柏尾川の洪水で0.5mから3m浸水する予想になっています。決して安全な場所ではないのです。何より、180億円も本庁舎に使うなら、津波浸水地域に避難タワーを建てるとか、小学校の校舎を建て替えるとか、予算を使うべきところが、他にたくさんあるという声があります。総額800億円という再開発他にかかる経費は、将来の孫子の代まで借金として残るのです。皆さんがそれを背負ってもいいというなら、移転もいいでしょう。しかし、私はそのために税金を払う気はありません。市長の無責任な判断を黙認するわけにはいきません。
  • 旧鎌倉市民
  • 2018/08/13 9:32 AM
役所からでるデーターが恣意的に操作されてしまう現状は、どうしたらいいのだろう。普通に暮らしてる市民は公報などの市の情報をそのまま信じてる。普通の市民は市はそこまではしないと思っている。なぜか深沢移転は無理筋を正当化するために、市がデーター操作してまで動いている。市民対話に1500万も使ってコンサルタントを雇っていたとは!しかも1社の入札しかない?そして市民の意見を誘導していったものが市民の意見として報告される。ガセネタが税金を使って公報されていることを、市民は気がつかないと思っているのだろう。酷い話しだ。どうしたら多くの市民に知ってもらえるのだろうか?せめて住民投票で市民がいろいろ考えるチャンスになれば、少しは市の役人の意識も改善されるのだろうか、、。期待したい。
  • データー操作に怒る市民
  • 2018/08/13 12:01 PM
扇ガ谷、泉ガ谷、山王台地域の住民投票の説明会の日時が決まりました。
・8月24日(金)午後6時から7時30分まで
・鎌倉論語会館2階会議室
(論語会館は鎌倉駅西口の小町踏切通りを市役所に向かい十字路を左折し1本入ったところにあります。電話0467(50)0303です)
是非、ご参加下さい。
  • 山王台自治会長
  • 2018/08/13 3:48 PM
大蔵自治会、二階堂親和会、浄明寺町内会、十ニ所町内会の方を対象とした住民投票の説明会の日程も決まりました。

・8月20日(月)午後3時から4時30分まで
・二階堂青少年会館会議室(金沢街道、第ニ小先バス停前)

他地域の方も歓迎です。是非、ご参加下さい。
  • 大蔵自治会有志
  • 2018/08/13 4:32 PM
どちらかに是非、参加したいと思います。ありがとうございます。
  • 旧鎌倉に長く住む者
  • 2018/08/13 4:42 PM
新駅 藤沢市主導で決定という方がw

湘南鎌倉駅 だとか
紛らわしい 要らない駅(笑)
  • わたし
  • 2018/08/13 7:57 PM
東海道線の新駅が仮に出来ても本庁舎移転先まで約1、3キロメートルもあり、大変な距離です。また、155億円という財源は藤沢市、鎌倉市が負担しなければなりません。開設は無理ですね。
  • 新駅に憂える市民
  • 2018/08/14 7:02 AM
平成30年8月2日付けの「鎌倉市本庁舎等整備委員会委員選出についての公開質問状」に関して、鎌倉市市民活動センター運営会議理事長平塚優氏より、8月13日付けで回答が来た。「6月21日付けで鎌倉市より運営会議に書面にて鎌倉市本庁舎等整備委員会委員の推薦依頼がありました」「理事会では、29年5月より『鎌倉市公的不動産利活用推進委員会』の委員をお願いしていたG氏(税理士・運営会議正会員)が上記委員として適任であると判断し、G氏の意向を確認後、6月28日に推薦を行いました」「なお、本件は鎌倉市本庁舎移転を前提としての市からの公式文書であります。よって整備内容の検討であることを前提に委員の選定を行いました」
これが回答の中身である。このような重要の問題を話し合う委員の選定に関して、理事だけで決めたというのが信じられない。私は運営会議の正会員であるが、承認を求められた事実はない。市から6月21日に依頼があり、28日に決めたとあるが、この短い期間に理事会を開く余裕があったのか、大いに疑問である。少なくとも、鎌倉市市民活動運営会議の総意で委員を選定したのではないことは確かだ。「本件は鎌倉市本庁舎移転を前提としての市からの公式文書である。よって整備内容の検討であることを前提に委員の選定を行いました」とは、恐るべき回答である。いつから市民活動センター運営会議は市の御用機関となったのか。こんな文書を平然と出す神経がわからない。理事長失格である。この件は今後総会等で問題としたいと考えている。場合によっては理事長解任の理由にもなりうる重要な案件である。
なお、鎌倉市長にも、この件の公開質問状を出している。こちらには鎌倉市自治町内会総連合会の会長が推薦されたことも、承認が自治会長らに図られてはいないと問い糺している。この件に関してはまだ回答はない。
  • 岩田薫
  • 2018/08/14 7:41 PM
鎌倉市の委員会は、すべてこのようにあたかも団体が推薦したかのように装い委員を決めています。団体から委員を出してもらえば、市民多数の合意形成ができて審議がなされている、そう市は考えているようです。しかし、理事長なり、会長なりが勝手に委員を自分の団体から推薦している実態はひどいですね。
  • 鎌倉市市民のひとり
  • 2018/08/14 8:33 PM
鎌倉市の本庁舎が移転した跡地には、図書館、生涯学習センターなどを集約した市民の憩える施設を整備する、そう市長は述べています。跡地に鎌倉市市民活動センター(NPOセンター)も新しい形で場所を用意すると、市長が約束している可能性が高いと思います。だから、整備委員会に委員を出すことに協力したのではないでしょうか。
  • 市の取り込みを危惧する市民
  • 2018/08/14 8:52 PM
鎌倉市市民活動センター(鎌倉NPOセンター)には、400を超える団体が登録されている。思想的にも信条的にも異なるさまざまな団体が登録されていると言っていい。ならばなおさらのこと、市の意向に添って委員を出すのは問題と言える。そこには、意見が集約されていないからだ。本庁舎移転に関しても、登録団体の意見は二分されているはずだ。市の方針に添った「御用委員」を理事長の一任で出すなどもってのほかである。
  • 市民団体を疑問視する者
  • 2018/08/14 9:22 PM
鎌倉市市民活動センター(NPOセンター)が市民の自主運営で立ち上げられた背景には、元市長の竹内謙さんの尽力があったと聞いたことがある。市の施設を市民が自主的に運営するなど、当時は他市では考えられない試みだった。今の行政に擦り寄ったセンターの現実を見たら、先人は何と言うだろうか。全国で一番進んでいた市民活動センター(NPOセンター)も、今は最後尾に甘んじている状況だ。本庁舎移転推進の委員を出すとは、過去に泥を塗る行為である。
  • 全国に先んじたNPOセンターを残念がる者
  • 2018/08/14 9:37 PM
【拡散希望】2018/8/2(鎌倉市長記者会見)本庁舎移転につてTBS記者質問に答える松尾鎌倉市長音声

(音声データ約10分)https://youtu.be/P9cxruav7Qw

#深沢地区 #本庁舎移転 #土地利権 #村岡新駅 #松尾鎌倉市長 #住民投票
  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/08/15 11:58 AM
鎌倉市本庁舎等整備委員会の委員推薦の経緯を聞いた私の公開質問状に関して、松尾崇市長からの回答が、8月14日付けで送付されてきました。公開質問状は8月2日付けで提出しましたが、委員長宛てではなく、市長宛てにするように言われ、8月9日付けで出し直したものです。

「『鎌倉市本庁舎等整備委員会』の設置に当たり、市民活動を通した視点や市民の視点からご意見をいただくため、平成30年6月21日付けで『特定非営利活動法人鎌倉市民活動センター運営会議』理事長及び『鎌倉市自治町内会総連合会』会長宛てにそれぞれ1名の推薦依頼を行ったところ、同運営会議から平成30年6月28日付けで、同連合会からは平成30年6月26日付けでそれぞれ推薦書が提出されました。市は、これらの推薦を受け、平成30年7月19日付けで同委員会委員を委嘱することを決定したものです」

私は、「市民活動センターの正会員であり、自治町内会総連合会のメンバーであるが、一度も今回委員に推薦するので了解してほしいとの話は聞いていない。どのような経緯で委員を委嘱したのか聞きたい」というのが、質問の趣旨なのに、回答には経緯しか書いていない。まさに、門前払いの回答だ。改めて、納得していないという趣旨の公開質問状を出したいと考えている。
  • 岩田薫
  • 2018/08/15 7:20 PM
市長の回答はおかしい。理事長、会長に推薦依頼した、と書いていながら、運営会議、総連合会から推薦書が出た、そう記載しているのだ。団体推薦ならば全会員に諮からないのは間違っている。理事長、会長個人が推薦したというならば、団体から推薦された者という肩書きを取ってほしい。少なくとも、今回名が出ている団体が本庁舎移転を認めた経緯はないのだから。団体推薦の委員は無効であると主張したい。
  • 団体推薦は違うと思う市民
  • 2018/08/15 8:40 PM
本庁舎移転の住民投票で反対が過半数の場合は、市長の辞任を迫ることになろう。それでも辞めない場合は、市長リコールだ。頑張れ!!!
  • 市長のリコールに期待する者
  • 2018/08/16 8:50 AM
本庁舎移転も独断専横が明らか、ゴミ問題も迷走状態。もはや、市長のリコールしかない。住民投票はその先陣になろう。頼朝も味方している。幕府開設以来政(まつりごと)の中心を外側に移動するという松尾崇くんは、鎌倉の謀反人ですぞ。
  • 市長よ、さらば!
  • 2018/08/16 8:56 AM
◆今後のスケジュールです
※署名収集委任者説明会 
・8月18日(土)18時〜
↑署名集めをやって頂ける方はこちら
※地区集会
・8月19日(日)午後6時から
 山ノ内公会堂
・8月20日(月) 午後3時から
 二階堂青少年会館
・8月24日(金)午後13時半から
 鎌倉論語会館2F会議室
・8月25日(土)午後1時30分から
 大町自治会館
※松尾市長との対話集会
・8月29日(水)午後3時から
鎌倉商工会議所地下ホール
※鎌倉市議会総務常任委員会
・8月21日(火)9:30〜
(6月定例会以降で4回目)
ネット中継
http://kamakuracity.gijiroku.com/index_s.asp

🔺事務作業のスタッフが足りません
是非お手伝いお願いします。
各集会に来て頂くかblog掲載チラシの電話まで。

※スケジュールまとめblog
http://kamakurasi.air-nifty.com/blog/2018/08/post-9a36.html
  • 長嶋竜弘
  • 2018/08/16 9:06 AM
皆様の声を聞いていると、公的不動産活用課は「イメージ操作が当たり前」
のような感じを受けます。(多分恐ろしい事に世の中の大多数が、、、)
だとしたら移転の市民合意のイメージ創りはチャクチャクと進んでいますね。
◯出前講座も「深沢移転を納得してください」と持論を説明をする主旨。
 でも「市民合意をしています」というイメージ。
◯「市民対話」も「対話でなくコンサル指導」のカフェスタイルで誘導。
 洗脳なんだけど、、、。でも、「市民対話」しているというイメージ。
◯パブコメもアンケートも「とっただけ」で内容は「鎌倉が良い」等の多くの 市民の声は無視。最後は「市長が当選したから後戻りはしない。」と決め文 句。でもいかにも「市民の声を聞いている」というイメージ。
◯どうやら委員会の委員も市民団体の推薦ということにして、実際は、、。
 市民の代表も推薦で入っているというイメージつくり、、、。

でもこんな不実な市政にしてしまったのは,ちゃんと誠実にやっていると思い込んで、市政に無関心だった私なのですよね、、、。
これからはせめて「私は決してだまされない!」ぞ!(@詐欺被害を防ごう)

反省を込めて未熟ながら市民投票の署名を集める事に専念したいと思います。
  • 反省する市民
  • 2018/08/16 9:08 AM




市長リコール   有権者の3分の1

住民投票条例制定 有権者の50分の1 

参考【市民の声を無視する首長をリコール!】リコールの手順、方法、事例集(編集中)

https://togetter.com/li/319496
 
コメント:市長リコールはそんなに簡単に実施できませんよ。
  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/08/16 9:14 AM
◆訂正お願いいたします
↑のスケジュール鎌倉論語会館の時間が間違って記載していました。
以下に訂正お願いいたします。
↓↓↓
・8月24日(金)6時 から
鎌倉論語会館2階会議室
  • 長嶋竜弘
  • 2018/08/16 9:21 AM
長嶋さん、住民投票の会のスケジュールを掲載いただき、感謝します。論語会館の訂正もありがとうございます。扇ガ谷地区の説明会を24日午後6時から、ここで開催します。是非、ご参加下さい。

本庁舎等整備委員会の団体委員推薦の公開質問状への回答に関する私のコメントに対して、「鎌倉市市民活動センター(NPOセンター)」と「特定非営利活動法人鎌倉市民活動センター運営会議」は別組織なので、注意してほしい、との指摘がありました。確かに、違います。運営会議は鎌倉市市民活動センターの指定管理者として、市から運営をまかされています。つまり、市から指定管理費の授受があるのです。そこが、今回、市庁舎移転の検討委員を出すよう依頼されたのです。運営会議は、一方で、NPOセンターを束ねる団体であり、362(400と前に書いたのは間違いで362でした)もの市民団体の利用にセンターを供する活動もしています。混同したのは、訂正したいと思います。しかし、同一団体が同じ事務所を運営しているのですから、市庁舎移転を検討する委員を出す時は、慎重さが求められると思います。市を二分する大問題なのですから、多くの市民団体の意見を聞くべきであり、理事長だけの独断で選任したとすれば、やはり考え直していただきたいと思います。私もかつて市民活動センター運営会議の副理事長を拝命していましたので、バランス感覚が大事だということは、肝に銘じています。まして市の指定管理も、同じ組織が引き受けているのですから、誤解も招きます。より慎重さが求められるはずです。
  • 岩田薫
  • 2018/08/16 10:41 AM
噂の東京マガジン⁉️
鎌倉市役所本庁舎移転問題が取り上げられます。
8月19日(日)13時〜
http://www.tbs.co.jp/uwasa/

  • 受任者
  • 2018/08/17 5:43 AM
深沢移転予定地は災害に弱い場所である事をblogにまとめました。

◆鎌倉市役所本庁舎深沢移転-広報かま
くらにまた騙された
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/629340/530647/89794386
  • 長嶋竜弘
  • 2018/08/17 5:47 AM
長嶋さん、貴重なデータをありがとうございます。市役所のやっていることは、めちゃくちゃですね。しかし、本庁舎等整備委員会に出した資料が洪水域を示したものになっていたのは、不思議です。逃げられないと思ったのでしょうか。

8月15日付けの朝日新聞が、面白い記事を書いています。「『鎌倉でテレワーク』推進」と題した記事です。「場所や時間にとらわれない働き方『テレワーク』の普及を目指す『鎌倉テレワーク・ライフスタイル研究会』の準備会がこのほど鎌倉市で開かれた」という内容です。「準備会には松尾崇市長も出席。市役所で今年度中に課長級以上、3年以内に全職員のテレワークを実現する」「役所の手続きを3年以内にスマホやパソコンで処理可能にする」と市長が同会で話したとあります。
これは、職員の数を削減することであり、職場に出なくても仕事が自宅で出来るようにすることであります。となると、3万平方メートルという本庁舎移転で示した広い面積のオフィスはいらないことになります。市長自ら、テレワークの普及を目指すと述べているのですから、市庁舎移転は必要ないことになります。今の1万2000平方メートルの庁舎で充分足りることになるのです。何とも矛盾した市長の行動ではないでしょうか。
ちなみに、テレワーク準備会には、軽井沢町の藤巻進町長がゲストで出席し、「すでに発足した『軽井沢リゾートテレワーク協会』について紹介した」「東京からの距離や街のブランド力の点で鎌倉と共通点が多いことから、今後も連携していきたいなどと話した」と記事にありました。藤巻さんは、私が軽井沢町議の時に、旧軽井沢郵便局の建物の保存に尽力、塩沢湖レイクランドの経営者として、同建物のレイクランドへの移設と保存を働きかけ、議会で審議した際に、私が応援した記憶があります。今回、鎌倉市に見えたとは、奇遇を感じます。
しかし、松尾市長は、迷走状態ですね。
  • 岩田薫
  • 2018/08/17 9:57 AM
いよいよ本日ですね。
鎌倉福祉センター2階第1・2会議室。
午後6時から。
受任者説明会。

鎌倉市役所移転を問う住民投票制定の署名収集の受任者への説明会ですね。
是非、参加したいと思います。
鎌倉の歴史を変える第一歩です。
ご近所誘い合って説明会に出席したいと考えております。若い方もお年寄りも、どうぞ皆さん参加下さい。お待ちしています。
  • 本日参加者
  • 2018/08/18 6:42 AM



【拡散希望】2018/8/18(鎌倉市)鎌倉市本庁舎等整備委員会委員の公共的団体が推薦する者について

http://fujikama.coolblog.jp/2018/20180817.htm

鎌倉市本庁舎等整備委員会
http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/facility/hontyousya-seibiiinkai.html

コメント:其々の団体所属員の総意で推薦されたのか?


  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/08/18 7:14 AM


【拡散希望】2018/8/19(市役所移転を問う住民投票の会)鎌倉市本庁舎整備に関する住民投票条例(案)

http://fujikama.coolblog.jp/2018/20180819.htm

コメント;「住民投票の結果を尊重」では法的拘束力なし

(関連判決書)http://fujikama.coolblog.jp/2018/20180819.pdf



  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/08/19 6:02 AM
本日(19日)の『噂の東京マガジン』(TBSテレビ)は、「市役所移転に鎌倉幕府800年の壁」というタイトルです。午後1時から放送されます。司馬遼太郎も『街道を行く』で描いた御成小学校から市役所にかけての歴史的界隈が、移転で消滅することの意味をまず説き、住民投票の皆さんの声を紹介する内容です。是非、ご覧下さい。
  • テレビファン
  • 2018/08/19 8:53 AM


【拡散希望】2018/8/18(市役所移転を問う住民投票の会)受任者説明会 長嶋議員発言

(音声約2分半)https://youtu.be/Z5cqFbG7Zgc

  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/08/19 9:41 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

フリースペース


岩田かおる

コメントについて

ハンドル(名)は自由ですが、多重使用は避けて下さい。また、コメントへの投稿は管理者が確認するまで「管理者の承認待ちコメントです」と表示されます。

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM