市長が直接住民投票の会に謝罪しました!

  • 2018.09.20 Thursday
  • 16:33

    この9月19日(水)、鎌倉市長の松尾崇氏が、私たち『市役所移転を問う住民投票の会』のメンバーに謝罪しました。当日、午前9時に市役所の市長応接室を訪れたのは、『住民投票の会』の条例制定請求代表人の4人を含めて7人。市側は市長ほか、広報広聴課長ら5人でした。


    まず、松尾鎌倉市長が、次のような謝罪の弁を述べました。


「8月29日に開催された『市役所移転を問う住民投票の会』の商工会議所ホールでの集会で、神奈川県作成の『柏尾川の氾濫による洪水浸水想定区域図』に関して、県に問い合わせたところ市の広報紙に公表することについて了解を得ることができなかったため掲載を見送りました、という趣旨の話を私がいたしましたが、これは全く事実と違う内容でした。神奈川県に確認した事実はありませんでしたし、掲載できないという話もございませんでした。大変申し訳ありませんでした。このような発言をしたことを、会の皆さんにお詫びいたします。今後このようなことのないように注意します」

 

   そのあと会のメンバーと以下のようなやり取りがありました。

 

○会のメンバー

「前回、広報広聴課長にお会いした際に、10月1日付けの『広報かまくら』に市長の謝罪文を掲載し、改めて神奈川県の洪水浸水想定区域図を載せるとの回答を聞いています。間違いないですか」

 

○市の内田彰三広報広聴課長


「間違いありません。その方向で準備しています」

 

○会のメンバー

 「その旨を文書でいただきたいと申し入れたと思いますが……」


○広報広聴課長


「今文書を作成しています。出来次第お届けします」

 

○会のメンバー


「市役所の移転先が洪水浸水想定区域に入っていたという問題は、看過できません。市民に正しい情報を是非提供していただきたいと思います。神奈川県からの情報は市役所の各部署に回されていなかったのですか、また市長は知らなかったのですか」

 

○広報広聴課長


「各部署には届いたようですが、広報広聴課には届いていませんでした。照会すればそうした文書が県から届いていたことがわかったと思いますが……」


○市長

「洪水浸水想定区域に入っていることは承知していました。しかし、現庁舎も液状化の起きる場所に建っており、どちらにもリスクはあると認識しております」

 

○会のメンバー


「地方自治法74条4で条例制定請求の署名収集活動に対しては、妨害したり惑わしたりしてはならないと規定されています。市は中立の立場をとる必要があると考えます。鎌倉市では署名収集に合わせるように本庁舎移転に関する出前講座の案内が自治・町内会長宛てに送付されています。また、『鎌倉市公共施設再編計画NEWS』を回覧板で回すように同紙面が自治・町内会長宛てに送られてきてもいます。出前講座に市長も出るなら、市側の情報だけでなく、市民側からの情報も出して、公平性を是非担保していだたきたいと思います。市は中立であるべき、との趣旨は私たちの住民投票条例案にも明記しています」

 

○市長


「まだ移転のことをご理解いただけていない市民の方に、きちんと経緯をお伝えできたらと考えてこうしたご案内を自治・町内会に出した次第です」

 

○会のメンバー


「仮に住民投票条例制定の署名数が規定を超え、条例が議会の承認を得ることが出来た場合、住民投票の実施になります。その前にもう一度、市民の皆さんに公平な情報を知っていだたき、投票の判断にしてもらうという趣旨で市長との対話集会を再度開催したいと思います。出席いただけますか」


○市長

「スケジュールを見ないと何とも言えません。その際は改めて考えます」


    市長との面談は概ねこのようなものでした。


   現役の市長が発言で嘘をついたことを、公の場で正式に謝罪した意味は重いと考えます。『広報かまくら』に謝罪文が載るのも異例のことではないでしょうか。


   住民投票の会のメンバーは、改めて鎌倉市の市政運営のおそまつな現実を目の当たりにしました。こうした市の状況が後押しする中で、署名収集は順調に進んでいます。あと10日で有権者の50分の1の数(3005人)にどれだけ上乗せした署名を集められるかが、勝負になっています。

 

  署名収集が順調に進んでいる一方で、妨害活動も起きています。その一つが、石田ともつぐ氏によるチラシのポスティング行動です。チラシは次のような内容のものです。


○1面には、「対立より、対話を!」との見出しがあり、「住民投票条例案は、深沢移転に賛成か反対かを問うものであり、旧鎌倉地域と深沢地域との地域間紛争さえもたらしかねません。」「私は、この住民投票条例制定に反対します。」との文章が記載されています。


○裏の2面には、「少なくとも住民投票を今やるべきではない」「今やると、好き嫌いやイメージで、結果が決まってしまう」の見出しのもと、「市は、深沢移転について具体的なプランを平成31年度内に決めるといっています。」「今、住民投票をやっても、市民は判断するための正確な数値を持ち合わせていないため、正しい判断ができません。」と記しています。

 


○さらに、2面の下には、「条例案の内容はメチャクチャ」の見出しのもとに、「深沢移転反対と決まれば、あえて深沢に堅固な鎌倉新庁舎を作って、その屋上や上層階を避難所にするという創意工夫も、許されなくなります。」「深沢移転賛成と決まれば、JR跡地で何らかの重大問題が明らかになっても、市長や市議会は住民投票結果に縛られて深沢に新庁舎を建設しなければならない、という恐ろしい事態になってしまいます。」「条例案では、住民投票結果は、市長及び市議会を法的に拘束するとしています。」「法的拘束力を認めることは地方自治法違反と考えます。」と記しています。

 


   石田さんは、前回の市長選挙に出た弁護士さんです。このチラシは市内の有権者宅にポスティングされ、見た市民の方から「妨害ではないか」と心配の声が上がり、実物が会の事務所に届けられたものです。


   会では早々に、鎌倉市選挙管理委員会にこのチラシを届けました。


   地方自治法は、第74条の4で「直接請求の署名に関して次の行為をしてはならない」と規定し、その1に「署名に威力をくわえ、かどかわした」場合は「4年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する」と書いています。今回の行為は悪質であり、これに該当するのではないでしょうか。チラシを撒いた石田氏は弁護士さんですから、当然この条文は知っているはずです。

 

ニ点だけ反論しておきます。


○「対立を招く」と石田氏は主張していますが、そもそも対立を招いたのは市長です。深沢移転を一方的に発表し、地元の市民に期待を持たせたのですから、その責任は重いと考えます。私たちは、議論をして一番良い形で市役所のあり方を提案したいと思っています。もちろん深沢の市民の皆さんにも、移転予定地に洪水調整池を中心とした親水公園並びにグラウンドを整備するなどして、地域の皆さんのニーズにも答える形で、問題解決を計りたいと願っています。

 

○「条文案に法的拘束力を持たせたのは違法」との石田氏の主張も、おかしいものと言わざるを得ません。まだ条例案なのです。条例として成立したものではありません。案にいちゃもんをつけるのはおかしいと考えます。また、条例制定権は地方自治体にあります。ですから、市長や市議会を拘束する条例を作っても問題ありません。鳥取市は、住民投票を実施し市役所移転反対が過半数を超えたのに、市長が移転を強行してしまいました。裁判所に住民が異議申し立てをしましたが、住民投票条例が「投票結果を尊重する」という条文だったため、敗訴が確定してしまいました。私たちはその苦い経験を参考に、「住民投票の結果に市長と市議会は拘束される」という強い条文にしたのです。総務省も、「違法かを判断するのは裁判所です」との見解を伝えています。


   今、署名収集しているのは、あくまで条例案に基づいてです。条文が問題ならば、市議会で修正して可決してもらえばいいのです。そのために、条例案に対しては、私たちの署名簿提出後に意見書を付ける権利が、市の総務課法制担当に与えられています。「投票結果に従う」とするか、「投票結果を尊重する」とするかは、市議会で大いに議論すればよいのです。
    市議会の議論の前に市民の条例制定権を否定するような誹謗中傷のチラシをポスティングした石田氏の行為は、決して許されるものではありません。弁護士が国民の権利を否定する言論を行使するとは、呆れます。


   私たちは妨害にもめげず、あと10日間の署名収集活動に全力を傾ける覚悟です。市民の皆さんのご協力をなにとぞよろしくお願い申し上げます。


   なお、以下に集約集会を開催いたしますので、是非ご参加下さい。街頭署名収集活動の日程も記しておきます。是非署名に来て下さい。

 

(街頭署名収集日程)

○9月22日(土)午後3時から4時15分
鎌倉下馬、やまか付近

 

○9月23日(日)午後3時から4時15分
大船西口ペデストリアンデッキ付近


○9月24日(祭・月)午後3時から4時15分
鎌倉西口時計台広場、地下道付近

 

○9月29日(土)午後3時から4時15分
大船モノレール駅前、ルミネ出口付近

 

○9月30日(日)午後3時から4時15分
鎌倉東急前


(市民集会日程)

○9月29日(土)午後6時から

・「市役所移転を問う住民投票条例制定の署名簿集約の市民大集会〜住民投票実現を市民の力で盛り上げよう! 」

・鎌倉福祉センター2階第1・2会議室


・会場で署名簿を回収します。是非お持ち下さい。また、署名にまだ記入されていない有権者の方の署名も、当日会場で受け付けます。


   以上、よろしくお願い申し上げます。私たちは最後まで気を抜かないで、署名収集に取り組む気持ちでいます。

 

謝罪会見

コメント
市長が直接、会の皆さんに謝罪した意味は大きいと思います。市議会の総務常任委員会でも、市長にそうすべきだと強く指摘していました。市民が動き、議会が動くということを目の当たりにしました。
  • 鎌倉有権者
  • 2018/09/20 4:50 PM
署名簿4冊集まったので、29日にお持ちします。
  • 旧鎌倉受任者
  • 2018/09/20 6:44 PM
かつて青雲の志を抱いて市議、県議になった頃の松尾崇氏と何と違ってしまったのか。ブログの写真を見て、松尾崇氏のやつれた姿に驚きました。まわりの取り巻きが彼をこんなにしてしまったのでしょうか。
  • 鎌倉の自営業者
  • 2018/09/20 6:52 PM
石田氏…
石田氏の主張が正しかろうと、間違っていようと
「妨害と判定されてしまったら罪になるのに」…

石田氏は素人?ではなく、弁護士なので、
案の段階では「違法性」を問うこと自体がおかしい事は推定できそうです。
仮にブログにあるように「深沢移転住民投票条例案は違法である!」という
記載のチラシを配ってしまったら、「違法であること」を伝えたかったという
釈明は通用せず、「妨害」を意図していると判定されてしまう可能性が…
# 実際のチラシではどうなんですか?

こんな形で(ある意味で)被害者が出るかもしれないのは想定外です。

ただ、私は石田氏の考えに対し特に全く相容れない点があります。
私はこのまま、このような、市民に判断が付けられないようなやり方、
調査/評価の内容で「深沢に決まりました」として本庁舎が深沢に移転して
しまった場合こそ、将来に禍根を残すことだと思っています。

「市民投票をしたら禍根を残す」という言い方こそ「深沢」あるいは「鎌倉」?
という最終目的を始めからおいて、そこに向かって走ろうとする人の考え方です。
このような形でストップをかけなくてはいけないのは、市民に判断のための情報を
与えないように、出てきた意見に正面から答えないようにして事を進めてきた
市長と、行政のツケです。
  • referendum_sup_kamakura_2018
  • 2018/09/20 10:15 PM
コメントありがとうございます。石田氏は、住民投票について時期尚早とチラシに書いています。しかし、来年の3月議会には、深沢に関わる予算が出てきます。既成事実を作られてからでは止めることはできません。今が最後のチャンスなのです。
  • r eferendumさんへ
  • 2018/09/21 12:28 AM
石田クンは、ケレン味の無い人材です。唯、今回の論陣の張り方は、チョト法の根源如何・・・法哲学の世界・・から、後半に於いて、岩田サンの論の方に分がある感じです。
  • 鎌倉住民歴60年の会
  • 2018/09/21 3:32 AM
鎌倉住民歴60年の会さんへ、ありがとうございます。なぜ、石田氏が突然、住民投票の会の活動を批判しはじめたか、疑問です。何か背景があるように思えてなりません。まさか、利権はないと思いたいですが。石田氏はとても良い感じの人物で、何度か前に会い、私も好感をもっていました。それだけに残念でなりません。
  • 岩田薫
  • 2018/09/21 7:11 AM


【拡散希望】2018/6/19(鎌倉市議会)平成30年6月定例会西岡議員一般質問

ごみ処理行政について
逗子・葉山との2市1町の広域連携がうまくいかなかった場合、基本計画通り、山崎下水道終末処理未活用地に新ごみ焼却施設建設を行うという結論で
宜しいのでしょうか?

(中継録画約2分半)https://youtu.be/OxSgxabSoqg


  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/09/21 10:01 AM


【拡散希望】2018/9/22(鎌倉市議会)9月定例会 決算等審査特別委員会

総務費(市民生活部、まちづくり計画部及び都市景観部所管部分)、

コメント:相変わらずどうどう巡りをする山崎新焼却施設問題

(中継録画約20分)https://youtu.be/x9xh940yPVg


  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/09/21 11:40 AM


【拡散希望】2018/9/19(藤沢市議会)平成30年9月定例会加藤議員一般質問

 (1) 村岡地区都市拠点総合整備事業について

コメント;全く活気のない答弁調整済み原稿を読むだけの質疑応答

     開発より治水対策‼️

(中継録画約12分半)https://youtu.be/LHiOAwXjcdQ

  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/09/21 1:09 PM
公的不動産利活用課に対しての質問状 (2)を出しました。
質問に対して答えを「ご飯問答」のようにすり替えてだしてきたので、、。
不毛なやりとりなのですが、自分で状況を把握、再確認するためにも
質問し続けようと思っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 市民のために日夜働いてくださりありがとうございます。
ご回答ありがとうございました。しかしながら官僚スタイルのようで、市民には意味不明な点ばかりですので、シンプルにご回答を頂きたく、イエス,ノーにしました。◯をおつけください。どうぞよろしくお願い申し上げます。
簡単なので22日までにご回答どうぞよろしくお願い申し上げます。
◯ノーの場合は主観ではなく、データー、資料をご明示ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1) 今までの市民対話では,深沢市庁舎移転を、
  とくに市民合意はしていない。
(イエスかノーかでお答えください。)

2) 追加の市民対話の説明会では1月26日に洪水浸水想定地域図が、
  新しくなったのに知らせなかった。
(イエスかノーかでお答えください。)

3) 市民対話で新しい洪水浸水想定地域図を初めて知らせたのは、
 3回目開催時の9月8日。(イエスかノーかでお答えください。)

4)「深沢が防災に強い」ことに関して、基本計画策定のなかで、
  特に防災の専門家に候補地について調査依頼をしていない。
 (津波、浸水、土砂崩れ、液状化、受援力)
  (イエスかノーかでお答えください。)

5)9月までの「出前講座」では、新しい洪水浸水想定地域図を
  示していない。
  (イエスかノーかでお答えください。)

6)基本構想策定時に
 「柏尾川が特定都市浸水被害対策法の指定河川地域」と
  いう事は情報として示していない。
 (イエスかノーかでお答えください)

7)30年3月の「深沢を行政決定した委員会」でも
  新しい洪水浸水想定地域図をもとに検討していない。
 (イエスかノーかでお答えください)
  • 一市民
  • 2018/09/21 5:25 PM



【拡散希望】2018/9/21(鎌倉市議会)松尾鎌倉市長とんでも答弁集

平成30年9月14日 建設常任委員会(松中議員)

平成30年6月19日 本会議(西岡議員)一般質問

平成30年9月18日 総務常任委員会(高野・くりはら・長嶋議員)

(中継録画約34分)https://youtu.be/5lGabRFQZN4


  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/09/21 6:45 PM
◆市長の下記発言はまた騙しです
🔻
>現庁舎も液状化の起きる場所に建っており、どちらにもリスクはあると認識しております。
🔻
鎌倉市が出している防災読本の液状化の地図では、深沢の移転予定地は液状化が無い事になっています。しかし、神奈川県の出している「e-かなマップ」では液状化の危険が高いとなっています。

また、鎌倉市役所現在の庁舎は、鎌倉市防災読本では敷地全体が液状化の危険性が高いになっていますが、e-かなマップでは危険なのは庁舎の半分までになっています。

更に、大船駅、村岡新駅予定地、由比ヶ浜、材木座なども明らかにリスクが低いように改ざんされており、作為的だと思います。

鎌倉市防災読本は右上に※詳細は神奈川県ホームページ「e-かなマップ」で公開中。との記載があり、あの広報の記載と全く同じやり方をして市民を騙しています。
🔻
下記Facebookに記事にしています。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1893969747358000&id=622744691147185
  • 長嶋竜弘
  • 2018/09/21 9:23 PM
■深沢の液状化の危険度について
液状化の想定は、浸水想定と比べるとなかなか読み取り方が難しいのと、
地盤の調査をしてN値とかを出さないと、絶対値としての危険度は言い
にくいのですが、相対評価で深沢と御成を比べた場合では、だれが見ても
深沢の方が危険度が高いです。
本当は絶対的尺度で語りたいのですが、市長がわざわざ比較を持ち掛けて
きたようなので資料化します。

深沢地域は、沖積層という典型的な液状化の危険性が高い地層に該当します。
なぜそうなったのか、BC4000年頃、縄文海進期の深沢から鎌倉駅付近の地形
について、下記に置きました。(初めて見ると結構衝撃を受けますので注意)

縄文海進期比較.bmp:(3.7MB) ※
https://drive.google.com/open?id=1E46xGqUm3MBGK-Tcxieti7S-cxlJwwv0

e-かなマップで鎌倉市役所現在の庁舎敷地の(駅側)半分のみ液状化の可能性
となった理由は図からも想像がつきます。(海進期でも山側は海没していない)

深沢はその後もずっと柏尾川の氾濫原で、つい最近1942年に
横須賀海軍工廠深沢分工場建設の為に埋め立てられるまでは田畑でした。

>現庁舎も液状化の起きる場所に建っており、どちらにもリスクはあると認識しております。
これには一言だけ言わせてください。
深沢と御成でリスクを同等と考えるのはどうかしています。

深沢の地形変遷については下記の資料をUP済みですので、興味のある方は
一回ご覧になってください。
https://blogs.yahoo.co.jp/referendum_sup_kamakura_2018
記事名:深沢の地形変遷
ファイル:深沢の地形変遷r1.pdf

※出典:鎌倉・逗子の地形の変遷
上本進二『鎌倉・逗子の地形発達史と遺跡形成』
[東国歴史考古学研究所調査研究報告集第26集 抜粋] 2000年3月
p239 第197図 鎌倉・逗子地形発達史(2) から 深沢〜鎌倉駅にかけてを抜粋
  • referendum_sup_kamakura_2018
  • 2018/09/21 11:02 PM
この記事では市長が嘘をついたと断言されていますが、「騙す意図はなく誤った説明をしてしまった」のではなく、嘘=「市長が意図的に市民を騙すために事実ではない説明をした」という根拠をご提示ください。
私は現時点でどちらの味方でもなく単純に記事を読んで疑問に感じました。
  • 大船民
  • 2018/09/21 11:24 PM
「嘘をついた」について、
wikiでも、goo辞書でも「嘘」の第一義は「事実ではないこと。」となっています。
「騙す意図」は必須ではないように見えますが、違いますかね?
  • referendum_sup_kamakura_2018
  • 2018/09/22 12:56 AM
第一義というか切り取って解釈するとそうなりますね。きちんと読むと、「嘘とは事実に反する事柄の表明であり、特に故意に表明されたものを言う。」ともありますね。この事は、どちらでもいいですが、どちらの立場でもない一市民から冷静に見ると、ここぞとばかりに誇張して非難しているように感じます。そしてそのこと自体が住民投票の会の方々の品位を下げていると、正直感じます。対立軸の非難ではなく対案をもって対立する健全な住民運動を期待します。
  • 大船民
  • 2018/09/22 1:39 AM
議会傍聴すればわかる事ですが、松尾鎌倉市長や小礒副市長には「品位」の欠片さえありません。あるのは「利権」のみです。
この状況を打破するには住民投票しかありません。
時間がありませんのでよりたくさんの書名が集まることを期待します。
  • 暇人
  • 2018/09/22 2:16 AM
「そしてそのこと自体が住民投票の会の方々の品位を下げていると、正直感じます。」
なるほど。
私の場合はそう思われるのも嫌なので、極力データを示すようにしています。
間違っている点があれば人・体制を非難するというより、判断基準や行為者
としての責任に対して異論を唱えるわけです。

そして、未来においても、どちら(市とか/住民投票の会)かの人・体制に味方する
というつもり自体ありません。
また、対案は『市役所移転を問う住民投票の会』に投げるのではなくて、
「どちらの立場でもない一市民」こそ「私」の事として案を持ってもらいたい。
# 対立が目的ではないのです。

※「嘘」
「第一義というか切り取って解釈…」うーん私の辞書の読み方が間違っている
のですかね?切り取ってはいません。
(「A。またB。」とあった時はそれぞれ単独で成立可能と理解しています。)
複数の辞書の「第一義」として書かれている事には意味があると思うのですが?
ちなみにチョット古いのですが、旺文社の(紙の)国語辞典には「故意に」の方の
意味の記載はありませんでした。
  • referendum_sup_kamakura_2018
  • 2018/09/22 4:37 AM
対案?
議会の指摘も聞かずに問題があるのにゴリ押しする市長に対話とか対案とか綺麗事言ってもダメでしょ。
議会も期待出来ない。
一部の議員以外市民の事など真剣に考えているとは思えない。
沢山の動画で議会での議論聞いていればわかる。
土壌汚染、洪水、液状化、交通が不便、そこに市役所、新駅を無理矢理持って行く。
ありえない。土地の値段を上げようとしているとしか思えない。
生活保護費窃盗事件を筆頭に不祥事が多発、北鎌倉洞門、焼却炉など問題多発、松尾市長、議員を選んだのは市民。
綺麗事言っている場合では無いと思う。
  • ウオッチャー
  • 2018/09/22 5:23 AM
品位とおっしゃいますが、ひたすら品位を下げているのは市長の側ではないですか。この問題の本質がそこにあります。
  • 大船民さんへ
  • 2018/09/22 6:40 AM


【拡散希望】2018/9/18(鎌倉市議会)総務常任委員会 なんにも市長のとんでも答弁

日程第4 報告事項
(1)本庁舎等整備基本構想の検討状況について

長嶋議員理事者質疑

(中継録画約40分)https://youtu.be/QFC8gwAZHAY

コメント;この動画を視聴の皆様、是非この動画を拡散して下さい。

  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/09/22 8:32 AM
「嘘」について2
・小学館国語大辞典 第1版
・小学館 類語例解辞典
においても話者/筆者側の「故意」については記載がありませんでした。
「嘘」という言葉を使う際に、話者/筆者側の「故意」ついて客観的な根拠までは
必要とされないと「私は」判断します。
「発せられた言葉」、「記載された内容」が、
「事実と違う事」、「正しくない事」が<事実と確認できれば>
「嘘」という言葉を使うこと自体は問題ないように見えます。
  • referendum_sup_kamakura_2018
  • 2018/09/22 9:14 AM


【拡散希望】2018/9/14(鎌倉市議会)建設常任委員会 なんにも市長のとんでも答弁2
日程第2 報告事項
(1)深沢地域整備37事業の現状について
松中議員理事者質疑
コメント;視聴の皆様、是非この動画を拡散して下さい。
(中継録画約分) https://youtu.be/mmnU-fPFMRU

  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/09/22 9:54 AM
■署名集めの際のノウハウを教えてください。
署名してもらう際、既に記載されている方の情報が見えてしまう
ことで、これから署名をする方が自分の情報はどうなるのだろうと
心配するかもしれません。
署名する方が気にしない方でしたら良いのですが、何かうまい対策
を実行されている方はいらっしゃいますでしょうか?
  • referendum_sup_kamakura_2018
  • 2018/09/22 12:20 PM
伏線を貼って署名集めをしている方がいます。前の署名は紙を貼るなどして、見えないようにしているのです。お試し下さい。
  • 岩田薫
  • 2018/09/22 7:44 PM
&#10548;&#65039;岩田さん、伏線では無くて、付箋ね、つまりポストイット。
  • 長嶋竜弘
  • 2018/09/22 8:26 PM
■署名集めの際のノウハウ
岩田さん、長嶋さんに回答もらうなんて豪華すぎます。

私も付箋紙でやるかなと思ったのですが、そんなに横長の付箋紙は
ないので、一段に2枚ずつ貼るとすると、5人目の人に署名をもらう
時の状態はかなり見苦しいなぁと思った次第です。
でも、テープ状で自由な長さで切れる付箋紙を見たような記憶が
あるので、明日探してみようと思います。
  • referendum_sup_kamakura_2018
  • 2018/09/22 10:32 PM
20日付け岩田さんのブログによる、市長との面会結果を読むと
少し甘いのではないか、という気がします。
まず写真ですが、市長の姿は、ここが勝負と挑戦に出てきたような雰囲気が見えます。
実際、面会の後半で市長ははやくも「。。。現庁舎も液状化の起きる場所に建っており、
どちらにもリスクはあると認識しております」と居直っているようにみえます。

わたしは知人に今日この市長虚偽発言の経緯を説明したら、
「それはすべて市長の責任だ。辞任ものだ、市長不信任ものだ、リコールものだ」
と言われました。

「新しい 神奈川県の洪水」浸水想定区域図に差しかえるよう市長から指示があった
が、(広報広聴課が)誤った解釈をしてしまい、それを市長に伝えた

というのが、最終見解のようで、それを、住民投票を実現する会も承認したようです。
しかし、広報広聴課の虚偽説明を鵜呑みにした市長の責任は残ります。長嶋議員やくりはら
議員が総務常任委員会で追及していましたが、市民に正確な情報を適切に伝える意識に
欠けています。こんな人間が「災害時の司令塔」を言々する資格はありません。

市長の嘘をここまで追いつめた住民投票を実現する会のメンバーには
敬意を表しますが、10月1日の市長の謝罪文を見てから鉾を納めるかどうか
決めたほうがよかったと思います。
  • ruriakane
  • 2018/09/23 4:32 AM


【拡散希望】2018/9/22(かながわ市民オンブズマン) 住民投票条例制定の直接請求〜政令市で行うハードルは極めて高い(保坂令子)

http://kana-ombuds.world.coocan.jp/kouhou/2018/kouhou142.html#4

-------(以下転載)-------

6 付録―鎌倉市における住民投票に向けた動き

 最後に、私が市議を務める鎌倉市で現在(2018年9月)署名集めがされている動きについて触れます。

 鎌倉市で市民が制定を求めている住民投票条例は、老朽化して手狭な市役所本庁舎を現在の鎌倉の中心部から藤沢との市境に近い深沢地区に移転整備する市の計画に対し、「深沢への移転に賛成か反対か」を問うものです。

 これは、横浜へのカジノ誘致に賛成か反対かを問う住民投票が、反対の場合の対案を必要としないものであること(誘致しないだけのこと)とはケースを異にしていると思います。

 深沢移転に反対の立場なら、現在地での建替えなのか、大船など他の地域に移転させるのか、何もしないで現庁舎が老朽化するのを見ているか、ともかく何らかの対案を示す選択肢になっていないと、反対票が市民のどんな意思を反映したものかわからないからです。

 「深沢移転が嫌だ」という市民がどの程度いるかがわかるからOK、という理屈なのかもしれませんが、それよりも、市民が望む市役所整備がどのようなものかが示されることの方が大事だと思います。

 また、「住民投票の結果から市民の意思が読み取れる」と言うには、投票率や得票率(有効投票の過半数を得た票数の有権者数に対する割合)が関わってきます。

 これまでに各地で提案されてきた住民投票条例の多くが、投票率50%以上を成立要件としています。

 一方、
‥衂捨┐鮴立要件とすると棄権を促す運動が有効となるおそれがある、
投票率にかかわらず開票を行って結果を公開すべき、
F隻捨┐鮴立要件や投票結果の尊重義務の尺度とすべき、とする主張もあります。

 では、鎌倉市で署名集めが行われている住民投票条例案ではどうなっているかというと、成立要件の規定がありません。

 その一方で、「市長及び市議会は、住民投票の結果(中略)に拘束されねばならない」との規定があり、前項で述べた現行の法制度の解釈と相容れないとともに、成立要件の不規定との関係でもバランスに欠けると言わざるを得ません。

 人口172,000人、有権者数15万人弱の鎌倉市では、約3,000人の署名を集めれば直接請求ができるので、住民投票条例案は11月以降に議会にかかると見られています。

 ともあれ、議会は、議会制度という間接民主主義と共にあるものとして、住民投票のような直接民主主義的活動を尊重する立場にあると考えます。

 法定数の署名が集まって直接請求が行われたなら、議会は原則として住民投票条例案を可決させるべきでしょう。

 一方、議会は修正案を提案し、それを可決させることもできます。

 内容的に修正の必要を感じる点があることは、上述のとおりです。

 しかし、修正を加えることで、署名された多数の市民の意思との間で齟齬が生じることもありうるわけで、そのあたりに頭を悩ませながら署名収集活動の推移を見ているところです。

  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/09/23 6:26 AM
ruriakaneさん。ご意見ありがとうございます。
当事者である私も10月1日号の広報がどのようにでるのか心配しています。「広報に謝罪文を載せる前に、市長からの謝罪文を会に出す」とのことで、それを現在待っているところです。
 何回も広報の担当課長と話しましたが「広報の勘違い」で、何が何でも通す覚悟を課として持ったようです。テコでも動かない覚悟に、人事権を持つ市長を守り通す頑さに、「誰のための市役所」かがよく解りました。

???と思った市民が市に直接意見を言わないと、上司の意思(市長)しか担当は気にしない。市民と言う概念すら実際はない。ことがよく解りました。
多分一部の、市にもの言う市議さん達以外、市議すら気にしていないのでは?
ただただ「上司」だけが存在している、、、。

◯防災課には「なぜ新しい防災情報をすぐに市民に伝えないのか!」

◯広報広聴課には「なぜ、告示されているものを載せられないと
 判断したのか!」
「自分たちで判断基準を持たないと広報ではなく公報ではないか!」

◯公的不動産活用課には「柏尾川が特定都市洪水法の対象河川に指定されてい
 たのに、考慮に入れずに、本庁舎移転を基本策定したのか!」
 「なぜ新しい浸水想定地域図がでて深沢が0、5〜3mの浸水域になったの
 に、知らせず、防災の専門家と検討もしないで、市民対話や本庁舎整備委員
 会を「深沢は安全。防災に強い市にするため」で進めていたのか!」

などなど、何でも良いのですが電話や窓口で直接市民が抗議しないと、
「上司」しか見ていないまま、こんなに大きな計画を平然と進めてしまうし、「上司」のためなら理屈に合わないことを平然とできる役人だらけになるようですね。
彼らは「市民」の存在をまるで実感できていないようです。
これでは駿河銀行や不詳事があいつぐ企業のように内部で腐っていって崩壊してしまいます。

???と気がついたことは市にハッキリ言うことを心がけようと、いまさらながらですが、自覚しました。是非皆様の援護射撃を是非お願いします。
  • 竹内 満
  • 2018/09/23 6:33 AM


「特定都市洪水法」→「特定都市河川浸水被害対策法」
  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/09/23 7:48 AM
ネットは住民投票条例案に賛成していただけるようですね。良かったです。
  • 有権者
  • 2018/09/23 9:23 AM




【拡散希望】2018/9/14(鎌倉市議会)建設常任委員会 なんにも市長のとんでも答弁3

報告事項 国道134号線右折レーンに関する陳情等 松中議員理事者質疑

コメント;視聴の皆様、是非この動画を拡散して下さい。

(中継録画約29分)https://youtu.be/rtGzp9nXeBg


  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/09/23 10:59 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

フリースペース


岩田かおる

コメントについて

投稿はできる限りそのまま掲載しています。内容はブログ主宰者が判断しますが、誹謗中傷はないようお願いいたします。

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM