中村県議の政務活動費に関して最高裁はどう判断を下すか?!

  • 2018.10.13 Saturday
  • 21:32

   東京・三宅坂にある最高裁判所は、見るからに威圧的であり、権威そのもののような建物です。その最高裁で、生まれて初めて、私は意見陳述する機会を与えられました。この10月12日(金)午後3時から最高裁の第ニ小法廷で、私は5分間意見陳述をしました。

 

    ここで意見陳述したのは何の裁判であったのかを、改めて記してみましょう。

(事件名)
○鎌倉選出の中村省司神奈川県議の「政務活動費不正受給確認請求事件」がそれです。


(事件の概要)
○中村県議は、県から毎月支給される月額53万円(ちなみにこれは全国の地方議会で一番の高額です)の政務活動費(旧政務調査費)に関して、領収書を偽造し、実態のない『県政レポート』の印刷代に使った、と当時所属する会派を介して県の議会局経理課に報告しました。


○何人かから「不正がある」との証言を得た私は、情報公開請求で領収書の写しを入手し、住民監査請求を提起しました。のちに領収書が架空支出を記載したものであるとの確信を抱き、神奈川県知事を相手に「不正受給額の返還請求をしなかったのは違法である、よってそのことの確認を求める」という趣旨の裁判を起こしました。


○不正受給に該当する額は、平成23年7月から25年11月までにまたがり、総額518万8050円になります。


(一審の判断)
○横浜地方裁判所は、平成28年8月3日、「被告神奈川県知事が、(不正を働いた中村県議が当時所属していた)自由民主党神奈川県議会議員団に対し、518万8050円の支払の請求を怠ることが違法であることを確認する」という内容の原告勝訴の判決を言い渡しました。


○『県政レポート』を印刷したとの主張に関して、客観的な裏付けがなく、不自然、不合理であると判決は記しています。


○518万8050円については、「使途基準以外の使途に充てたものと認めるのが相当」、と判決は述べています。


○従って、前記金員は「不当利得(法律上の原因のない利得)として返還すべき義務を負う」、そう判決は断罪しました。

 

(二審の判断)
○東京高等裁判所は、平成29年7月10日、一審判決を不服として控訴した神奈川県知事に対して、「本件控訴を棄却する」との判決を言い渡しました。二審は一審では採用しなかった証人尋問まで行い、この判断を下したのです。

 

○二審は、「領収書は客観的裏付けを欠く架空のもの」「政務活動費(政務調査費)を使途基準以外の使途に充てて支出した(のは明白)」「会派には法律上の原因のない利得が生じており、他方、県には同額の損失が発生している」と断罪しました。

 

(神奈川県知事の上告受理申立て書)
○二審の判決を不服として神奈川県知事は、最高裁判所に上告しました。

 

○この上告の理由は、2つに分かれています。


(1)二審の判断は、憲法に違反するという「上告理由書」。


(2)二審の判断は、法令の解釈に誤りがあるという「上告受理申立て理由書」。

 

○(1)については、最高裁判所第ニ小法廷の菅野博之、鬼丸かおる、山本庸幸、三浦    守 4人の裁判官全員一致の意見で平成30年8月29日に「棄却」されました。「判決に明らかな憲法違反は認められない」との理由です。

 

○(2)に関しては、同日裁判官全員一致の意見で「上告審として受理する」と決まりました。

 


○受理された内容は、二審の判断が、「神奈川県議会政務活動費の交付等に関する条例」(平成20年3月7日改正条例第3号)並びに「神奈川県議会政務調査費の交付等に関する条例」(平成13年3月27日条例第33号)の解釈に誤り(法令違反)があるというものです。


○新旧条例とも、「会派及び議員は、当該年度において交付を受けた政務活動費(政務調査費)の総額から、当該年度において行った政務活動費(政務調査費)による支出の総額を控除して残余がある場合には、当該残額に相当する額を翌年度の5月31日までに返還しなければならない」と規定しています。

 

○上告人の神奈川県知事の言い分は、こうです。
「県が会派に対し不当利得返還請求権を有することになれば、県からの交付額と、会派の支出総額との比較において、残余が存在しないにもかかわらず、会派は県に対し返還義務を負うことになってしまう。」


○要するに、会派の収支が赤字ならば、たとえ不正に使った金員が支出に含まれていても返さなくてもいいはずであり、知事とすれば返還請求をしなかったことが違法であるとは考えない、という主張です。

 


(上告審での被上告人の主張)
○私は、次のように主張しました。


○まず、上告人の神奈川県知事は、領収書の偽造の件に関して争うという視点を放棄した事実を指摘しました。


○つまり、「上告受理申立て理由書」には、518万8050円に関して、実態のない金員であったか否かの判断を仰ぎたいという文言がないのです。神奈川県知事は518万8050円を不当利得であると認め、ただし新旧条例により収支に残余がないので返還請求を行う必要はない、そう主張しているのです。

 

○最高裁判所は、憲法違反と法令違反が原審にあるかどうかの点しか判断しないため、神奈川県知事は領収書が架空であるか、実態のない支出であるか……の点については争いを放棄したのです。


○結果として、中村県議の不正は、一審二審の判断が確定したことになります。


○その上で私は、最高裁判所の法廷でこう主張しました。
「被上告人としては、新旧条例が政務活動費(政務調査費)に残余のない場合は返還しなくてよいとしているのは、実態のある支出に関してであり、不当利得(つまり不正の支出)については、返還の義務を負うと考えます。神奈川県知事が返還請求権を行使しなかったことは違法です。従って、二審の判決は破棄されるべきではなく、維持されるべきです。」

 


    最高裁判所で弁論するのは初めてでした。緊張しましたが広い法廷で、言いたいことをすべて述べられたと思います。たくさんの鎌倉からの仲間が、傍聴してくれたことも励みになりました。

 

○また、法廷では、神奈川県知事が新旧条例の趣旨に関して、「不当利得まで返還するとなれば、『議員の調査研究活動の基盤の充実をはかる』との条例の趣旨に著しく反し、適切な経費の支出を萎縮させてしまう」と主張しているのは、「誠におかしな言い分である」、との考えも述べたことを付け加えておきたいと思います。「政務活動費(政務調査費)の原資は県民の税金であり、不正に使われたものは当然返還の義務を負うべきであり、知事がそれを請求しなかったことは明らかに違法と考えます」、そう声を大にして主張しました。

 

    私の意見陳述のあと、菅野博之裁判長は、「これで結審します」と告げ、判決の言い渡しを、11月16日(金)午後1時30分から第ニ小法廷で行うと述べました。

 

   興味深いのは、上告人も補助参加人の弁護士も、最高裁判所の法廷で裁判官に「何かこの場で主張に付け加えたいことはありませんか」と聞かれた際に、「何もございません」と発言したことです。たぶんこれ以上、上告理由を言えなかったのでしょう。被上告人の私だけが発言して、口頭弁論は終わりました。

 

   最後に、今後予想される判決の形を並べてみたいと思います。私は3パターンあると見ています。

 

(1) 「上告棄却」。
これが一番良いパターンです。つまり一審二審の判断が維持され、不当利得の返還を命じなかった神奈川県知事の行為は違法となります。

 

(2)「原判決を破棄」。
神奈川県の新旧条例がうたう「残余がない時には返還の義務はない」、との趣旨を不当利得に関しても認めたことになります。この判決の場合、「東京高等裁判所に差し戻す」との判断が出る可能性もあります。


(3)「但し書きを付けて原判決を破棄」。
原判決は破棄されますが「但し518万8050円は実態のない不当利得である」と最高裁判所も架空の支出であった事実を認める判断を、判決文の中に記載した形。これならば、神奈川県知事が返還請求権を行使しなかったことについて違法にはなりませんが、中村県議の違法支出を最高裁判所でも追認したことになります。

 

   上告人は、杉並区議会議員の政務活動費(政務調査費)をめぐる裁判で、事務所家賃に流用した金員に関して、東京高等裁判所が、「(不正として)取り消された部分の金額を返還させるものとする取扱いをすれば」「政務調査費制度の目的に反する面があり」「 (全額を返還させるものとする)取扱いをしないことを違法と解すべき特段の事情を認めるに足りる証拠はない」との判決を、平成27年9月17日に下しています。神奈川県知事は、その事実を前出の「上告受理申立て理由書」に記載しています。つまり、中村県議の判決とは真っ向から異なる判決を、同じ東京高等裁判所が下している事実があるというのです。本件に関して最高裁判所の判例は、まだありません。会派並びに議員の収支報告書が赤字で、残余がない場合、不当利得分があっても返還しなくてよいのかどうか、最高裁判所の判断を、目を皿のようにして熱く見守りたいと思います。

 

書類

 

集合

 

コメント
政務活動費の不正はあとをたちません。最高裁の判断は全国に影響を与えます。法の番人として正しい判断をしてほしいですね。
  • 県議会ウォッチゃー
  • 2018/10/13 10:14 PM


【再々拡散希望】2018/10/12(最高裁判所)平成29年(行ヒ)第404号神奈川県議会議員(中村省司議員)政務活動費不正受給確認請求上告事件

http://fujikama.coolblog.jp/2018/20181013.htm

判決言渡予定:2018/11/16(金)13:30 第二小法廷

2018/10/13(カナロコ)関連記事

http://www.kanaloco.jp/article/365587

  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/10/14 5:10 AM
最近の司法は国民から乖離してしまっています。ぜひ、国民の側を向いた判決を下してほしいと願います。
  • 開かずの扉を考えたい市民
  • 2018/10/14 6:48 AM
神奈川新聞のネツト紙面は、見出しがおかしいです。「最高裁、不正認定見直しか」と見出しに書いていますが、本文にもあるとおり、「中村県議の『県政レポート』を巡っては、印刷会社の領収証は作成過程が不自然・不合理で客観的裏付けを欠く架空のものとして、二審判決で不正が認定されており、争われていない」のです。
ですから、「最高裁、違法認定見直しか」が正しい見出しになります。知事が返還請求権を行使しなかったことが違法かどうかを争っているのです。「不正認定見直しか」では、争われていない件の見直しを最高裁がすることになります。
  • 岩田薫
  • 2018/10/14 5:45 PM
神奈川新聞の印刷された紙の方の紙面は、社会面に、「最高裁、判断見直しか」との見出しをつけており、ネツト紙面と違います。なぜ、明らかにおかしい見出しを電子版の紙面がつけたのか、疑問です。
  • 神奈川新聞愛読者
  • 2018/10/14 5:51 PM
マスコミもよくわかっていないのですね。「領収証が架空で、不当利得になる」との一審、二審の判断は争われていないのです。知事が返還請求権を行使しなかったことが違法かどうか、これのみ争われているのです。中村県議の不正は確定したのです。
  • 新聞読者
  • 2018/10/14 6:00 PM
中村省司神奈川県議は、来年4月の県議選に出る可能性が高い、そう言えるようです。本人は最高裁で身の潔白が証明されると思いこんでいます。良識ある鎌倉有権者の鏡のような人物ですね。
  • 二階堂住民
  • 2018/10/14 7:06 PM
来年4月の県議選が楽しみです。永田、飯野は、鎌倉市庁舎移転賛成。中村氏は出るのでしょうか。葉山町インサイダーによれば、岩田氏も出るとしています。当然移転反対でしょう。中村氏のスタンスやいかに?面白くなってきました。
  • 野次馬市民
  • 2018/10/16 4:59 PM
神奈川県知事は裁判に、いったいいくら税金を使ったのだろうか。顧問弁護士とはいえ、訴訟費用は一件ごとに払っているはず。最高裁まで争ったので印紙代もバカにならない。高裁、最高裁と行くごとに印紙代は倍々ゲームで高くなっているはずである。こんなインチキ県議を守るために、税金を湯水のごとく使ってきたのだ。許せない。
  • 鎌倉を憂える会
  • 2018/10/16 5:24 PM
岩田氏は弁護士もつけず、本人訴訟でたった一人で、最高裁まで闘ってきた。湯水のように税金を訴訟費用に使ってきた県と対照的だ。
  • 支援する会呼び掛け人
  • 2018/10/16 5:28 PM
こういうのを、本気の正義というのではないでしょうか。
本人訴訟とはいえ、経費はかかっていると思います。
 情報公開請求で得た領収証のコピー代もかなりの額になったと思います。裁判所までの交通費も個人持ちです。なかなかできることではありません。
  • 本気の正義に期待
  • 2018/10/16 5:34 PM
鎌倉の有権者は本当に素晴らしいです。政務活動費を長年インチキした県議を信頼し、9期も当選させてきたのですから。
こんな良識ある有権者がほかにいるでしょうか。
感激して涙もでません。
文句も言わず税金を払い、偽物の領収書で政務活動費をかすめとられても、文句を言わない良識ある人ばかりです。
きっと日本の民主主義はこういう人たちに支えられてきたのでしょうね。古都鎌倉が観光客に人気なのも、素晴らしい市民がたくさん住んでいるからでしょう。
バカにされてもインチキされても、ずっと保守政治家に従う鎌倉市民に、敬服いたします。こんな都市は全国にないですよ。
  • 素晴らしい有権者
  • 2018/10/17 5:55 PM
中村県議の件はもうわかった話で結果待ちであるが、鎌倉市議の支出も問題あるのが沢山ある。
平成28年に監査しており様々指摘がされている。

※監査結果
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kansa/documents/28gyousei.pdf

例えばガソリン代。
→交通費の中のガソリン代については、マニュアルにおいて「自家用車を 使用した場合」の注意事項として「自家用車のガソリン代を支出する場合には、 政務活動以外の目的でも使用しているため、走行距離等に基づきガソリン代を按分する等、その支出額の根拠を示してください。」と記されている。
この意味は、自家用車を使用した際は、政務活動を行う際の交通手段として何 キロメートルの使用をしたか、これにかかったガソリン代が概算で幾らであるか算出根拠を示したうえで政務活動費として計上すると解するところである。 しかしながら、ガソリン代を政務活動費として使用している全ての報告書にお いて、走行距離はもとより、按分率の根拠を示しているものは1件もなかった。 他市においては走行距離1キロメートルにつき 37 円というように具体的に基準を 示しているケースもある。今後、マニュアルなどにおいて、具体的な基準を示すことも検討されたい。

→高橋浩司議員は毎月5,000円きっかりで請求出している。政務活動費のガソリン代でこんな事有り得ない。議員は議会がある時車で行ってもそのガソリン代は政務活動費で請求出来ない。毎月5千円分のガソリン代は何処に行き何キロ走ったのか証明できなければアウト。

→事務所費については、その費用を共同で使用している人数で除した額をそ れぞれの議員が全額充当し、活動内容での按分がされていないものも見受けられ た。
→これはネット、確実にアウト。

その他按分しなければならない新聞の発行など問題だらけ。
3Fの資料コーナーで領収書見られるから見て見ると良い。
市議の政務活動費(政務調査費)といえば、かつて神奈川ネツトが「政策研究会の講師料」名目で、定期的に所属議員から数万円ずつ徴収して、まとまった金員を引退議員に渡していた事実がある。ネツトは、2期で引退する決まりがある。引退した議員の生活を支えようと、生活費というべき内容の金員をみんなで政務活動費(政務調査費)から集め、名目は講師料として、報告書に記載していた構図だ。完全にアウト。
  • 鎌倉もうひとつのオンブズマン
  • 2018/10/17 9:36 PM
県議も市議もズブズブではないですか。
ひどいなー。
これも皆、有権者がいけません。
そうした議員を当選させ、会派を受け入れてきたのですから。
議員は政務活動費(政務調査費)の原資が、われわれの税金であることを自覚しなければなりません。
  • 鎌倉有権者
  • 2018/10/17 9:43 PM
本代で漫画の購入費を政務活動費(政務調査費)に計上していたケースもあった。漫画がいけないわけではないが、『マガジン』とか『サンデー』などの雑誌を購入して、「政策の勉強のため」としていた。
議員さんがいかに勉強していないか、わかります。『地方自治研究』とか『行政実務研究』などの本代ならわかりますが。
  • 鎌倉市民
  • 2018/10/17 9:51 PM


【再拡散希望】2018/10/18(全国町村議会議長会)編集「議員必携」

「発言の種類」⇒質疑・討議・質問・動議・議事進行に対する発言

鎌倉市議会一般質問時間ランキング⇒http://fujikama.coolblog.jp/2018/20181010.jpg

コメント:自由民主党鎌倉市議会議員団は殆ど仕事をしていない!!

鎌倉市民は無駄な議員報酬を払っていることを認識すべきです。

  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/10/18 4:37 AM
永田市議と中村市議もひどい。湘南一人オンブズマンさんのデータによれば、ほとんど一般質問に時間を使っていません。中村市議など、0時間ではありませんか。
鎌倉市民は、こんな議員を選んできたのですね。がっかりします。
  • 議会ウオッチヤー
  • 2018/10/18 5:16 AM
北鎌倉の眼科医院の待合室には、中村聡一郎市議のポスターがいつも貼ってあります。
何でも院長と学校が一緒なのだそうです。
眼科に中村氏のポスターってことは、「眼をほじくって彼のやっていることを見よ」ということなのでしょうか。質問時間0をよく見なさいということなのかも知れません。
  • 北鎌倉住民
  • 2018/10/18 1:18 PM
要するに政務活動費(政務調査費)をまとめて支給している(支払っている)ことが問題なのだ。
余ったら返して下さい、では返す議員はいない。
使った経費を請求したら支払う仕組みに変えるべきだ。
  • 鎌倉市政の健全化を求める会
  • 2018/10/18 6:17 PM
神奈川県議会は、政務活動費について情報公開請求しないと、市民は使い道を明らかにした領収書が見れない。鎌倉市議会は行政資料コーナーで、情報公開請求しなくても、いつでも市民が各会派や議員ごと領収書を見れる。
この違いは大きい。
全国一高い額で政務活動費が支給されている神奈川県議会で、これまで誰も改革しようとしなかったことが不思議だ。
議員の見識が問われている。
  • 情報公開を改革したい市民
  • 2018/10/18 6:27 PM
神奈川県議会議員の口座には、毎月給料と別に、政務活動費53万円が振り込まれる仕組みなんですね。残余があれば、翌年5月に返済すればいい決まり。返済率は、0〜10%未満。議員天国ですね。
  • 初めて知りました
  • 2018/10/18 9:12 PM
神奈川県議会議員の給料は、国会議員の次にいい。年間1900万円だ。それと別に政務活動費53万円×12か月の636万円が振り込まれる。全部我々の税金が原資だ。インチキしている議員があとを絶たない現状に、怒れ、県民!!!
  • 怒れ県民
  • 2018/10/18 9:18 PM



鎌倉市もHPに載せるべきですね。(議会事務局に頑張ってもらう必要あり)

茅ヶ崎市議会HP(政務活動費)

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/gikai/1020908/index.html



【拡散希望】2018/10/19(鎌倉市)平成29年度村岡・深沢地区まちづくり実現化方策検討調査業務委託(地質調査)抜粋

http://fujikama.coolblog.jp/2018/20181019.htm

コメント:基礎工等に関する注意事項

#村岡新駅 #村岡地区 #深沢地区 #松尾鎌倉市長 #小礒副市長 #土地利権 #JR #UR



  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/10/19 6:15 AM
岩田薫と北鎌倉の新谷直人さんが原告になっている「日本トンネル技術協会への北鎌倉隧道安全対策検討業務委託費差止め及び弁済請求事件」の第4回口頭弁論が、横浜地裁で開かれます。是非、傍聴に来て下さい。
日本トンネル技術協会に委託費4270万余円を支払ってはならない、との趣旨の裁判です。

・「日本トンネル技術協会への北鎌倉隧道安全対策検討業務委託費差止め及び弁済請求事件」第4回口頭弁論
・10月24日(水)午前11時
・横浜地裁502法廷
・被告、鎌倉市長松尾崇
・原告、新谷直人、岩田薫

よろしくお願いいたします。
  • 岩田薫
  • 2018/10/22 9:13 AM


【拡散希望】2018/10/23(鎌倉市)神奈川県鎌倉市住民投票の会の活動記録

http://fujikama.coolblog.jp/2018/20181023.htm

【拡散希望】2018/10/23(横浜地裁)「日本トンネル技術協会への北鎌倉隧道安全対策検討業務委託費差止め及び弁済請求事件」第4回口頭弁論

10月24日(水)午前11時横浜地裁502法廷

被告準備書面2(鎌倉市長松尾崇)http://fujikama.coolblog.jp/2018/20181024.htm



  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/10/23 8:16 AM

【拡散希望】2018/10/23(鎌倉市)アリバイ作りのための業務委託

鎌倉市本庁舎整備方針策定等支援業務委託 (H28)契約書 648万円
鎌倉市公的不動産利活用推進支援業務委託 (H29)契約書 1022万円
鎌倉市本庁舎整備基本構想策定支援業務委託 (H30)契約書1499万円 

http://fujikama.coolblog.jp/2018/20181023C.pdf


  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/10/23 9:35 AM
【拡散希望】2018/10/24 11時(横浜地裁)北鎌b54倉隧道安全対策検討業務委託費差止め及び弁済請求事件 第4回口頭弁論

第5回口頭弁論:12月3日(月)11時

被告準備書面2http://fujikama.coolblog.jp/2018/20181024

  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/10/24 1:03 PM
中村省司神奈川県議の政務活動費不正受給確認請求上告事件の最高裁判決は、いよいよ来週16日(金)午後に言い渡されます。是非、傍聴においで下さい。

・判決言い渡し
11月16日(金)午後1時30分から
・最高裁第2小法廷

記者会見をそのあと、横浜で開きます。
・判決についての被上告人の記者会見です。
16日(金)午後3時30分から
神奈川県庁県政記者クラブ


以上よろしくお願いいたします。
  • 岩田薫
  • 2018/11/05 2:48 PM
いよいよ明日(16日(金)午後1時30分
)から判決が言い渡されます。最高裁第2小法廷です。
是非傍聴に来て下さい。午後1時南門集合です。
3時30分から神奈川県庁記者クラブで会見します。
なにとぞよろしくお願いいたします。
  • 岩田薫
  • 2018/11/15 7:58 AM
負けました。
.中村県議の政務活動費については、不正があったことは認める。しかいながら、会派の収支は赤字なので、返還義務は生じない。知事が返還請求権を行使しなかったことが違法とは言えない。
これが、最高裁の判決文の中味です。
残念です。
  • 岩田薫
  • 2018/11/16 8:57 PM


【拡散希望】2018/11/17(最高裁判所)平成29年(行ヒ)第404号神奈川県議会議員(中村省司議員)政務活動費不正受給確認請求上告事件

上告人(黒岩神奈川県知事)勝訴、原判決を破棄し、第1審判決を取り消す

(判決書)http://fujikama.coolblog.jp/2018/20181116.pdf
  • 湘南一人オンブズマン
  • 2018/11/17 7:13 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

フリースペース


岩田かおる

コメントについて

投稿はできる限りそのまま掲載しています。内容はブログ主宰者が判断しますが、誹謗中傷はないようお願いいたします。

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM