両陛下お手植えのニッコウキスゲの花が咲く開拓地

  • 2017.08.24 Thursday
  • 16:09

    この8月24日の新聞各紙に、長野県軽井沢町で静養中の天皇、皇后両陛下が、大日向開拓地を訪問されたという記事が掲載されている。


    日経新聞は、「両陛下は皇太子夫妻時代から軽井沢町で静養中に何度も同地区を訪れ、引き揚げ者や家族らと交流を深めてきた」と記し、今回の訪問について、「両陛下は昭和天皇が1947年の戦後全国巡幸で同地区を訪れたことを詠んだ歌碑に立ち寄った後、レタス畑を散策された」と書いている。


    私にとっても、この場所は忘れ難いところである。
 
    1987年6月、私は妻子を連れ、東京から軽井沢町に転居した。西武不動産が分譲した千ヶ滝別荘地に木造の家を建て、ここを原稿を書く私の仕事場兼家族の生活の拠点としたのである。居住した翌年、この千ヶ滝の別荘地に隣接する大日向開拓地に、西武不動産の親会社であるコクド(当時の社名は国土計画)が新規のゴルフ場開発計画を進めていることを耳にした。我が家も飲んでいた飲料水の水源地のすぐ上が計画地だった。このゴルフ場の反対運動に関しては、すでに本ブログに何度となく書いたのでここでは省くことにしたい。苦労の末、住民の結束のもとに開発計画の断念を勝ちとることが出来た場所である。


    今回の両陛下訪問の記事を見て思ったのは、この場所が開発されないで残って本当に良かったということである。


   現地には両陛下お手植えのニッコウキスゲ(正式にはニッコウキスゲの亜種のアサマキスゲ)が毎年美しい花を咲かせている。軽井沢町で一番浅間山がきれいに見える場所でもあり、両陛下の散歩コースにもなっている。

 

    反対運動に一緒に手を組んだ専業農家の坂本幸平さんからは、皇太子、皇太子妃時代の両陛下がよくお忍びで現地を訪れたという話を耳にしてもいた。   


   今回の記事に出てくる巡幸記念碑は、ゴルフ場計画地の中心部に建っており、西武はどうするつもりなのかと当時重大な関心を持った記憶がある。私たちは「碑に玉が当たらないようネットで周りを覆うのだろうか」と仲間と話してもいた。

 

    もちろん、天皇陛下は政治的な発言は出来ないし、反対運動に意志表示など出来ないことは百も承知している。とはいえ、開発が止まったあと、毎回のようにこの場所を両陛下が訪れている事実から私は、「開発されなくて良かった」というお二人の強いメッセージを感じてきた。


    平和主義者の両陛下は、敗戦後この地を巡幸で真っ先に訪れた昭和天皇が「苦労をかけてすまなかった」とのお言葉を開拓団の住民にかけられたことを改めて思い浮かべられ、今回も碑に立ち寄られたのだと思う。


   かつて坂本さんが語った言葉が、今も私の頭の片隅には残っている。

 

「満州からの引き揚げ時、384人もの尊い命を犠牲にした。命からがら出身地(長野県佐久町大日向地区)に帰り着いた開拓団の多くが未亡人と孤児で占められていた。かつての村も貧しく、そこに身を寄せるわけにいかず、あちこち探したあげく、結局湧き水が豊富だった浅間山麓の現在地に65戸が再入植することになったのです」

 

「食料難の中、芋類の買い出しはもとより、現在水道水源になっている沢のカニなどを捕り尽くしてしまう程にして食い、開墾に血みどろで励んできた。この間、幾人かが病魔に倒れていった」「満州にまだ私たちがいた頃、(当時の)侍従4名が来訪し、移民者たちの生活ぶりを視察、『陛下にお伝えしたい』との言葉を残して帰っていったことがある。陛下はその約束を守って、敗戦後真っ先に私たちを慰問して下さったのだと信じている」


    まさに歴史の舞台となったと表現できる土地なのである。今回の報道写真を見ると、レタス畑の中央に立たれた天皇陛下の横で皇后陛下が首をやや傾け、にっこり微笑んでおられる。この場所こそ反対運動で組んだ坂本さんの畑でもある。


    大変な思いをした反対運動だったが、両陛下の喜ぶお姿を見て、改めて開発から守ることが出来て本当に良かった、そんな感想を抱いた次第である。

 

    両陛下は軽井沢町での静養のあと群馬県草津町で開催される国際音楽祭(正式名称・夏期国際音楽アカデミー&フェスティバル)に参加されるのが、毎回のスケジュールとなっている。皇后陛下がプロの音楽家とともに楽器を演奏されるのも草津での恒例だ。

 

 

     鎌倉はかつて皇后陛下のご実家の正田家の別荘が建っていた地であり、市役所は明治天皇のご用邸があった皇室ゆかりの場所でもある。今度は鎌倉の地に両陛下をお招きして、音楽祭を開催することは出来ないだろうか。そんな夢を私は抱いている。

 

コメント
岩田さんの環境保護に対する思いが伝わるいい文章です。感激しました。
  • 鎌倉を愛する会
  • 2017/08/24 7:25 PM
鎌倉に両陛下をお招きして音楽会を開催できたら最高です。鎌倉なら不可能ではないと思います。
  • 鎌倉の誇りを取り戻す会
  • 2017/08/24 7:28 PM
鎌倉の旧正田邸跡地は開発されてしまいました。もっと早く岩田さんが鎌倉に住民票を持ってきてくれたら守れたのに残念です。
  • 旧正田邸近くに住む者
  • 2017/08/24 7:38 PM
ジャーナリストの鎌田慧さんが、大日向は戦後史を調べる上で最も重要な場所の一つであると述べていました。このブログでそのことがわかった気がします。
  • 歴史好き人間
  • 2017/08/25 12:45 AM
ジャーナリストの鎌田慧さんが、大日向は戦後史を調べる上で最も重要な場所の一つであると述べていました。このブログでそのことがわかった気がします。
  • 歴史好き人間
  • 2017/08/25 12:45 AM
鎌倉に皇族をお招きして音楽会を開くなんて夢のような素敵な話ですね。
  • 鎌倉ママの会
  • 2017/08/25 9:07 PM
是非実現して下さい。古都の景観が守られた暁に、音楽会を開催すればきっと高い評価を得ます。
  • 鎌倉の文化を愛する市民
  • 2017/08/25 9:10 PM
東京都が出した埼京線十条駅付近立体交差化環境評価書案の騒音・振動の測定値にデータの切貼り改ざんがあるようです。(資料編にある別の場所の騒音データと振動データの対象としている列車の通過時刻や速度といった実際に測定、あるは捏造しなければ得られないデータ80本分が完全に一致しています)東京都は単純な記載ミスとして手続きや事業をすすめようとしています。以前から環境アセスはいい加減と聞いていましたが、ここまでひどいとは。
  • がんばれ「埼京線と街づくりを考える会」
  • 2017/09/03 2:59 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

フリースペース


岩田かおる

コメントについて

ハンドル(名)は自由ですが、多重使用は避けて下さい。また、コメントへの投稿は管理者が確認するまで「管理者の承認待ちコメントです」と表示されます。

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM